日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜の“振り切り男”石川雄洋。アグレッシブ過ぎる1番打者の魅力。
2010年05月19日 (水) | 編集 |
             田口元義 = 文 


近年、選手の登場曲がファンの間でも定着しているが、
これがまた、本人の好みが窺えるから面白い。

なかには、歌詞の内容が実際のプレースタイルと
見事に通じている選手もいる。

今シーズンなら、
横浜のリードオフマンとして申し分ない活躍を見せている
石川雄洋が、その象徴と言えるだろう。

“きばってこーぜ イェイ イェイ イェイ♪”
“振り切ってこーぜ ほら ブンブン♪”
“あたってこーぜ イェイ イェイ イェイ♪”

 この曲とともに打席へ向かう。

「きばってこーぜ」と「あたってこーぜ」というフレーズは、
人によって解釈は異なるだろうが、
「振り切ってこーぜ」は、今の石川にピッタリだ。

~開幕から37試合で四球がわずか5つという驚異的な数字~

この「振り切る」という姿勢こそが、
躍進の大きな要因となっている。

それは数字を見ても明らかだ。
まず、何と言っても四球が少ない。

5月18日時点で37試合に出場し、たったの5つ。
主に1番を任されているが、
セ・パ両リーグの1番打者のなかでひと桁なのは石川だけだ。
積極的な打撃でチームを牽引する巨人の坂本勇人ですら
11個を記録しているのだから、
彼がどれだけ攻撃的な打者であるかが理解できる。

 そこには、はっきりとしたわけがある。

「三振はしたくないので。三振からは何も生まれないですから」

初球からバットを振り切る「攻撃型1番」ではあるが、
2ストライクになるとシャープなスイングで
投手に多くの球数を投げさせる、
いやらしい「職人型1番」へと鮮やかにシフトする。

ファウルで粘る打席が多いことについて、石川は
「特に意識はしていない」と謙遜する。
こだわることはただひとつ。
「逆方向へ打つ」こと。

~名門・横浜高で培った高い野球偏差値がその打撃にいきる~

春季キャンプから大きなテーマに掲げていたことで、
同時にその「打ちどころ」を見定める眼も培われた。

5月4日の広島戦。
先頭打者で迎えた8回裏に三塁への内野安打を記録した。
本人は「ヒットになったのはたまたまです」と言っていたが、
その後の言葉で技ありの1本だったと納得させられる。

「サードが前に来ていたので三遊間のヒットゾーンが広くなる。
 だから、そこへ転がせば、と」

相手の守備陣形から的確な答えを導き出せる野球偏差値の高さは、
「さすが名門・横浜高の出身だ」と感嘆させられるところだが、
このような打球を安打にできるのは、
何より最大のセールスポイントである足があるからだ。

~リーグトップの内野安打を生みだす粘りの打撃と俊足~

どれだけ速いのか? と問われたとき、このような場合、
単純に盗塁数だけを挙げても説得力に欠けるため、
5月16日の西武戦で各塁への到達タイムをストップウォッチで計測してみた。

第2打席(三塁打)……10.1秒
第3打席(二塁内野安打)……3.87秒
第4打席(投手前犠打)……3.75秒

専門家の間では、一塁到達が4秒以内、
三塁到達が12秒以内であれば俊足と言われているだけに、
石川のタイムは充分それに値する
(といっても、ストップウォッチを押すタイミングには
 必ず個人差が生まれるため、あくまでも参考ではあるが)。

2ストライクからの粘りや逆方向への打球に対する高い意識。
そして足の速さ。
この三要素が石川の中に根強く染み付いているからこそ、
リーグトップの14個もの内野安打を量産し、
3割2分3厘のハイアベレージを残せている。

~昨季とは正反対の守備の良さが打撃好調を支えている~

補足すれば、打撃好調の要因のひとつに守備も挙げられる。
昨シーズンは、遊撃手部門での守備率はリーグワーストの9割7分。
失策数も17と多くの課題を残したが、
今シーズンは37試合で守備率10割。
つまり、失策を1度も記録していないのだ。

打者はよく、「守備で打撃のリズムを作る」と言われている。
石川もまた、守りが安定しているから
攻撃面に余裕が生まれているのだろう。

他球団にとって、
今シーズンの横浜のリードオフマンの存在は脅威であることは間違いない。

ただ、ひとつだけ気になることがある。
それはプレーではなく、冒頭でふれた登場曲だ。

曲名は「ズッコケ男道」。
<あたってこーぜ~~>の後に<ズッコケ男道>と続くのが、
この歌の特徴だ。

とはいえ、今の石川には“ズッコケ”る穴らしき穴は見当たらないため、
前向きにこの曲を捉えたい。

“ズッコケメロディー”を背に
スター街道をひた走る、彼の「男道」に期待しよう、と。

※ 今シーズンの成績は、全て5月18日現在のもの



【筆者プロフィール 田口元義氏】

1977年福島県生まれ。元高校球児(3年間補欠)。
ライフスタイル誌の編集を経て2003年にフリーとなる。
Numberほか雑誌を中心に活動。
試合やインタビューを通じてアスリートの魂(ソウル)を
感じられる瞬間がたまらない。
共著に「戦力外通告 プロ野球をクビになった男たち」、
同「諦めない男たち」などがある。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック