日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッター田中将大を堪能する。 交流戦のちょっと変わった楽しみ方。
2010年05月17日 (月) | 編集 |
               中村計 = 文 


高校時代の田中将大は、マウンド上と同じくらい、
打席での姿も魅力的だった。

「ミスター赤ヘル」こと、元広島の山本浩二のように
両脇を二度、三度と軽くしぼりながらタイミングをとるのだが、
その仕草がかっこよかった。

田中は駒大苫小牧では主に5番を任されていた。
ホームランも、少なくとも二桁は打っていると思う。
そんな中でも、忘れられないのは3年生のとき、
兵庫国体の準決勝、
東洋大姫路戦で打ったホームランだ。

ショートの頭上、数メートルを襲ったライナーが、
そのままレフトスタンドに入ってしまった――
印象としては本当にそんな感じだった。

超高校級。
そう表現しても決して言い過ぎではない打球だった。


交流戦の密かな楽しみのひとつは、高校時代、
そんな打者としても超一流だったパ・リーグの投手たちの
バッティングが見られることである。

~涌井秀章はホームラン・バッターだった!?~

15日の横浜対西武戦では、西武・涌井秀章が
3安打4打点と大活躍。
涌井は横浜高校時代、一時期、
「投手失格」の烙印を押されてしまった時期があるのだが、
そのときはクリーンアップを任され、
やはりホームランをけっこう打っていた。
ピッチャーに復帰したあとも、3年夏の甲子園では、7番打者ながら、
1回戦の第一打席、報徳学園の片山博視(楽天)から
左翼席へ放り込んでいる。

同日、広島のエース、前田健太から中前打をマークした
日本ハムのダルビッシュも、
東北高校時代は打者としても鳴らしていた。
前出の二人に比べると、
若干バッティングに対する執着心を欠いていたものの、
構えからは、その気になればいつでもスタンドに放り込んでしまいそうな
臭いがプンプンとしていたものだ。


~斎藤佑樹が語る田中将大の打者としての魅力~

16日は、田中も阪神戦で魅せた。
奇しくも、舞台は甲子園。

ただ、フォームは高校時代の面影はほとんどなくなっていた。
スタンスを大きくとり、極端に後ろ足に体重を乗せる構えは、
どこか千葉ロッテのキム・テギュンを彷彿とさせた。

しかし、フォームを改造しても結果を出してしまうあたりが
非凡なところだ。
6回表、貴重な追加点となる中前適時打を放った。

そうそう、田中は高校時代、一発を打てる力を秘めながらも、
こういうバッティングも実にうまかった。
スコアリングポジションに走者を置いたときは、
そうやって、しぶとくセンター前に転がすのだ。

高校3年生の夏、名勝負を繰り広げた早実の斎藤佑樹(早大)も、
当時、田中のことを
「嫌(なバッター)ですよ。なかなか空振りしてくれないんで
 三振がとれない」と評していた。

余談ながら、その斎藤は、
15日の法政戦では大学で初となるホームランをマークしている。
斎藤も高校時代は、コーチに
「本気で(打撃に)取り組んだら、素質は斎藤がいちばん」
と言わしめるほどのセンスを見せていた。


~剛速球を投じるピッチャーが打撃センスも高い理由~

彼らはいずれも、いわゆる「怪力」の持ち主ではない。
ただ、一点に力を集約させることに関して
類い希な才能を持っているのだ。
彼らが150キロを越えるボールを投げることができるのは
(斎藤のMAXは149キロ)、
要はそういうことなのだ。

それにしても、高校時代、
バッティングの才能も持ち合わせていた投手はどうしてみんな
パ・リーグに行ってしまうのだろう。

その最たる例が、横浜高出身の松坂大輔
(西武-レッドソックス)だった。
彼にあって、田中や涌井やダルビッシュにはないもの。
それは打つことが、
投げることに勝るとも劣らないほど好きだということだ。
ドラフト前、松坂が在京のセ・リーグにこだわったのは、
実は打席に立ちたかったからだった。

アメリカに渡ってからも、残念なことに、
松坂はDH制を採用しているアメリカン・リーグに行ってしまった。


~メジャーでは身体能力の高い選手はショートの強打者に~

こんな逸話がある。
神奈川県内のある強豪校の監督が、
アメリカに野球の勉強をしにいったとき、
現地で松坂の高校時代の映像を見せたそうだ。
すると、アメリカ人は一様に
「なぜ彼を野手にしないのだ」と驚いたという。
投げているシーンばかりだったとはいえ、
その身のこなしから、松坂の身体能力の高さを見抜いていたのだ。

日本では身体能力の突出した選手は大抵、ピッチャーを任される。
一方、アメリカではショートをやるのが一般的だ。
それで、3番を打つ。
ヤンキースのアレックス・ロドリゲスなどがその典型だろう。
マリナーズ、レンジャーズ時代、
A・ロドリゲスは主にショートを守っていた。

松坂がもしセ・リーグの球団に所属していたら――。
それこそ、
通算で2桁ぐらいホームランを打っていたのではないだろうか。
そう思うと、返す返すも残念でならない。

ピッチャーだからといって、
打席でまったく打つ気を見せない選手を見ていると、
だったらいっそのこと両リーグともDH制にしてしまえばいいのに
と思ってしまうこともある。
でも、そうなってしまったらしまったで、やはりつまらない。
いつまた、松坂や田中や涌井のような選手が現れるとも限らないし、
その選手がたとえパ・リーグに入ったとしても、
今はこうして交流戦だけでも
その選手の打席を楽しむことはできるのだから。  



【筆者プロフィール 中村計氏】

1973年千葉県出身。ノンフィクションライター。
某スポーツ紙を経て独立。
『Number』(文藝春秋)、『スポルティーバ』(集英社)などで執筆。
『甲子園が割れた日 松井秀喜の5連続敬遠の真実』(新潮社)で
第18回(2007年度)ミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。
他に『佐賀北の夏』(ヴィレッジブックス)、
共著に『早実vs.駒大苫小牧』(朝日新書)などがある。
『雪合戦マガジン』の編集長も務める。
趣味は、落語鑑賞と、バイクと、競艇。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック