日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『昨季2位はたまたまだった』と認識せよ!
2010年04月17日 (土) | 編集 |
名誉監督とは実に中途半端な立場だ。
現場やフロントに口を出せるわけではない。
だからといって、ただ『がんばれ』と言うのも柄ではない。

昨年の2位をどう評価しているか―。
ユニホームを脱ぐ際、私は球団に
『この2位はたまたまだ』と言い残した。
西武は前年日本一の反動があり、ソフトバンクは故障者続出。
ロッテは内部がガタついていた。
恵まれていたのだ。
その認識を誤ってはいけない。

選手が自信を持つのはいいが、ベンチの過信は困る。
この日(15日の対西武戦)、堤防が決壊するように4失点した
4回の守備。
分岐点は、無死一、二塁からの犠打野選だった。
捕手の藤井は明確に一塁を指示していたが、
ラズナーは三塁へ投げた。
意思の疎通がない。
こういうミスの後、外国人投手は『よく聞こえなかった』
ということが多いらしい。
発音が違うなら、事前に打ち合わせればいい。
ファーストを『ファー』、サードを『サー』など、
シグナルを省略しておくのだ。
また藤井のリードは単調だった。
ラズナーのカットボールしか信用しておらず、
右打者は外角一辺倒、左打者には内角への
カットボールが中心。
右の高山の2点二塁打は外角直球、左の上本の2点タイムリーは
内角カーブ。
単調な配球を読まれた。

本来、配球とは『信用する球で打ち取る』
瞬間から逆算して組み立てるものだが、
カットボールを生かすために内角直球を使う、などの意図は
見えなかった。
ブラウン監督は『初球はストライクから入る』ことを
好むという。
しかし、捕手の立場からすれば、初球は
『打者の狙い』を探るためにある。
1球で打ち取る球があればいいが、ラズナーのように
ゴロで打ち取る球種を持たない投手は結局、
球数を減らせない。


私は昨年、楽天のチームスローガンを『氣』とした。
ベンチでは『勝つ気があるのか?』と
叱咤を繰り返した。
相手の動きを読んで警戒する。
球種を絞ってヤマを張る。
そうした読み、準備を怠ることを
『勝つ気がない』としかった。

相手の動きを察知しようとしない、気配を読もうとしない
野球は、私の目にはただの
『調整試合』と映る。

そうしたプレーの積み重ねだから、
『調子任せ』で勝負が決まってしまう。
監督が選手を見ているように、選手も監督を見ている。
『選手には力がある。やってくれるはずだ』というのは、
信頼ではなく願望である。
その願望がかなわなかったとき、いったい誰が責任を取るのか―。


ヤクルトの監督をやめた後、後任監督の若松勉
(本紙専属評論家)は
「野村野球を継承したい」と言ってくれた。
阪神の監督を辞めた時、星野監督の参謀だった島野育夫に
「野村さんのいいとこ取りをさせてもらいます」と
あいさつされ、うれしかった。
すべて『継承』しろとは言わない。
だが、すべて『断絶』する必要はない。


選手間のコミュニケーションは、言葉の意思疎通が難しいなら、
『省略』で事が足りる。
ただし、監督の意思を選手に伝えるのは
『省略』で済ませられない。
確かなつながりが必要である。
ブラウン監督にアドバイスするとすれば、
グラウンドでのリーダーを決めることだ。
リーダーになりうる人材を探し、育て、とことん
『勝つ野球』を伝授し、チームに伝えさせる。
そうすることでチームに確かな一本の『線』が通される。


『勝つ気があるのか?』―。
もう一度、問いたい。
努力の方向性を、チーム全体で定めてほしい。
勝つためには『相手の動きを読む』という
当たり前のことを、当たり前にやるべきである。
これが継承されてゆくなら、それこそ
『名誉』なことだ。


    4/17付け サンケイスポーツ 『ノムラの考え』より

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も、監督のカテゴリーで記事にしてますが、野村前楽天監督はスコアラー重視で試合前の事前準備を念入りにして望む体制でした。その辺が監督交代でどうなるか、ペナントレースの楽天チェックポイントの一つにしています。

ただ、楽天には野村監督時代の遺産が生きていて、先発の3人がいます。これは強力。心配は、マー君が完投を続けている事です。ブラウン監督の球数制限のキャンプを過ごしていますから、故障が心配です。繊細な岩隈はスタート不調です。
2010/04/21(Wed) 20:36 | URL  | 一花 #-[ 編集]
野村前監督の厳しい言葉は、本音は叱咤激励と考えていいと思います。この人は、人を本当にダメだと思う事はない人です。
2010/04/21(Wed) 20:40 | URL  | 一花 #-[ 編集]
『この人は、人を本当にダメだと思う事はない人です。』の意見に賛成です!
野村前監督の言葉一つ一つに“愛”があります。
選手も受け止め方がそれぞれなのでしょうけど、
日本一の監督だと私は思っています。
2010/04/26(Mon) 20:29 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック