日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今季の楽天は大化けする!! 野村克也の後任監督が優勝するわけ
2010年01月26日 (火) | 編集 |
              中村計 = 文  


緊張と緩和。
組織とは、畢竟(ひっきょう)、このバランスなのだと思う。
どちらに傾き過ぎても「平均台」の上を上手に歩くことはできない。

全国優勝の経験もある高校野球の監督が、
こんな話をしていたことがある。

「それまでずっと厳しくしていた監督が辞めて、
 おおらかな監督に変わった途端、
 ポッと強くなることがある。
 張り詰めていたものが緩んでちょうどいい状態になるんですよ。
 でも逆はないですね。
 監督を代えて、それまでの緩みを締め直そうとしたら、
 やっぱり最低でも3年はかかる」

そんな話を思い出したのは、ある野球解説者が、最近、
西武について似たような分析をしていたからだ。

「あそこは前監督の伊東(勤)さんがけっこう厳しくやっていたでしょう。
 それで選手たちともギクシャクしていた。
 そんなときに放任主義の渡辺(久信)さんがやってきた。
 就任1年目はうまい具合に結束したんですよ。
 そういう状況だと、
 おおらかな監督というのは求心力を得やすいですしね。
 でも、それが通用するのは1年だけ。
 勝ち続けるには厳しさも持ち合わせていないと無理ですよ」

~野村監督からの「親離れ」の時期を迎えていた楽天~

そんな見方を用いると、今季、
恐ろしいチームがいることに気づかされる。
そう、楽天だ。

前監督の野村克也氏は、縛って、縛って、縛り付けた。
サインプレーなどが多すぎて、投手陣からは
「投球に集中できない」と不平不満もあったが、当時、
まだよちよち歩きだった楽天にとっては、
そういう「義務教育」が必要な時期でもあったのだろう。
しかし、それが功を奏するのは草創期もしくは再建期だけだ。

チームが強くなってくると、そのバランスは微妙に崩れ始める。
自立し始めた選手の中に監督を疎む気持ちが芽生えるのだ。
親離れの時期を迎えた子が、親をうっとうしく思うのと同じだ。
そんな風の変化を読み違えると、せっかく上昇気流が生まれても、
それに乗り損ねてしまう。
昨季の楽天は、まさにそんな状況の真っ直中にあった。
風をつかまえたり、見失ったり、そしてまたつかまえたり、と。

楽天の上昇気流は、今はまだ勢いを失っていない。
そして、そんなタイミングで、監督交代劇が起こったわけだ。
この人事は、これまで挙げた2人の証言に照らし合わせると、
これ以上ない吉兆なのではないか。

野村氏が残留していたとしてもそれなりの結果は残しただろう。
だが、ブラウン監督にバトンタッチしたことで、
絶妙な時期での「緊張」から「緩和」という黄金リレーが成立したことになる。
楽天が大爆発しそうな予感がプンプンするではないか。



~ 野村氏の後任監督は必ず優勝。二度あることは三度ある!~

思えば、野村氏の後任監督は、
プレイングマネジャーを務めていた南海時代を除き、
いずれも優勝を経験している。

ヤクルトの若松勉氏は3年目、
阪神の星野仙一氏も2年目に優勝を果たしている。
いずれも、どちらかに分類するとすれば「緩和」の人だ。
強面な星野仙一氏は、一見すると逆のタイプに見えるが、
当時を知る記者が明かす。

「星野さんはヘッドコーチの島野(育夫)さんあっての星野さん。
 あの人の恐さは、生きているときからすでに伝説化していましたからね。
 島野さんが、締めるだけ締めてたから、
 星野さんは楽だったと思いますよ。
 星野さんは怖いことは怖いですけど、
 それは消極的なプレーをしたときだけ。
 基本的には伸び伸びやらせるのがうまい人です」

監督を引き継いだ1年後というわけではなかったが、
「緊張」のあとの「緩和」が十分効いていたのだ。

つまり、二度あることは三度ある。
結果、野村氏の再建屋としての名声はますます高まることになるだろう。
もちろん、その一方で
「貧乏くじを引いた感」も強くなり、
野村氏の悲哀の色もますます深くなるのだが……。



【筆者プロフィール 中村計氏】

1973年千葉県出身。ノンフィクションライター。
某スポーツ紙を経て独立。『Number』(文藝春秋)、
『スポルティーバ』(集英社)などで執筆。
『甲子園が割れた日 松井秀喜の5連続敬遠の真実』(新潮社)で
第18回(2007年度)ミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。
他に『佐賀北の夏』(ヴィレッジブックス)、
共著に『早実vs.駒大苫小牧』(朝日新書)などがある。
『雪合戦マガジン』の編集長も務める。
趣味は、落語鑑賞と、バイクと、競艇。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
すごく面白いブログですねっ!
これからも頑張って下さい!
2010/01/26(Tue) 12:22 | URL  | 全国高校野球兵庫大会 #Cv2s2L.A[ 編集]
全国高校野球兵庫大会さん、
初めまして。
長いニックネームですねv-356

これからも気軽に遊びにいらして下さいね。
2010/01/27(Wed) 20:22 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック