日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『人材育成』新戦略、成功までの裏舞台(5)
2009年11月21日 (土) | 編集 |
~つねに競争にさらされるきびしい環境が選手を育てる~

育成といっても、支配下の二軍選手と練習の上で違いはない。
ただメニューは同じでも、機会には微妙に差がつけられている。


【 大田泰示 】
1990年6月9日、広島県生まれ。
東海大相模高時代に通算65本塁打。
'09年、ドラフト1巡目で入団。
6月21日のロッテ戦で豪快な3球三振の一軍デビューを果たした。

「打者でいえば、特別強化選手、大田泰示なんかがそうですが、
 彼らは年間600打席立ってもらうように考えている。
 つぎのランクの選手は400打席。
 投手でもエース級なら80イニングから100イニング、
 それより下ならもうすこし少なくという具合で段階をつけています」

機会は与える。
しかしそれは本人の達成度によって違ってくる。
単に実力だけではない。
シリウス、フューチャーズを率いるキム・キイテ監督
(北京五輪韓国代表打撃コーチ)は、
礼儀やユニフォームの着こなし、
練習への取組みなど精神的な要素にも目を配る。

「若いときは、きれいな気持ちで野球に取り組むことが大事なんです」

礼節も評価の対象なのだ。

育成は機会を与えてくれる優しい制度に思える。
しかし、期限が区切られ、報酬も十分とはいえず、
つねに競争にさらされ、評価されつづける。
評価の関所が増え、選手にとってはきびしい。
きびしいからこそ山口、松本も出てくる。

育成の旗振り役である清武は去年暮れ、
著書を出した。
タイトルは『巨人軍は非情か』。

本人にもそうした自覚はあるのかも知れない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック