日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運命を変えるドラフト
2009年09月07日 (月) | 編集 |
阪神で藤田平、江夏豊、近鉄で大石大二郎、野茂英雄・・・。
数々の名選手をプロ野球に導いた名スカウト、
故河西俊雄さんから生前、
聞かされたドラフトの思い出話がある。
『各球団平等でないとアカン。
 だからクジ引きは仕方ない。
 ただ、あまりに演出が過ぎるとなあ・・・』


競合による抽選を何度も目の当たりにした河西さん。
忘れられない1人が阿波野秀幸(現野球解説者)だった。
1986年秋、在京セ・リーグ希望の亜大・阿波野に対して、
名乗りを上げたのは希望する巨人、大洋、
そして希望外の近鉄。
運命のイタズラか、引き当てたのは近鉄・・・。


傷心のアマ球界ナンバーワン左腕を説得したときのことを
老スカウトは振り返った。
『自分の運命を見せ物のような形で決められて、
 と言われると辛かった』―。
生涯、胸に突き刺さった言葉だったようだ。
見ている側にすれば、盛り上がる“ショー”だが、
クジで人生が決められる側、特に希望が外れた選手達にとっては、
辛い光景となる。


今年のドラフトは、史上初めて1000人を招待して、
ナマで目撃できる、という新たな趣向を導入する。
抽選箱も“ガラス張り”にして、
クジを引く瞬間の手の動きまで見えるとか。
花巻東・菊池雄星の運命のシーンにファンも立ち会える。
歓迎する声が聞かれるが、河西さんが心配した
方向に向かっているのは事実だ。


89年のドラフトは、中継テレビ局の都合が優先され、
日曜夕方のスタートになり、
学校が休みの大学、高校生が大迷惑を被った。
あくまでも主役は候補選手であり、球団。
演出で盛り上げることを否定はしないが、
選手の気持ちを忘れた“ショー”にだけは
してもらいたくない。


                      サンケイスポーツ 『甘口辛口』より
                                   上田雅昭氏
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック