日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『僕の原点 甲子園』 (3)
2009年08月14日 (金) | 編集 |
甲子園っていうのは、何か得体のしれない怪物みたい。  

甲子園というのは、ボクにとって一つ一つが勉強の場なんです。
打てない球に出会い、それをその後の練習によって、
少しずつ克服していくんです。

1年の夏、水野さんに3三振を食った横の変化球。
あれを打つために猛練習をしたんですよ。
やっとタイミングがわかるようになったらば、
秋季大会で京都西の堀井の力ーブに打ちのめされた。
同級生の小林(左投手)に頼んで、
毎日投げてもらったりしました。
2年の春の選抜大会で京都西にあたった時はもう
うまいこと打てるようになってました。

モグラ叩きっていうんかな。
ポクの場合、自分ってけっこうすごいなと思ったりすると、
必ず神様がそんなことではダメだって、
反省をさせるように失敗をさせてくれるんです。
それで練習をやって、
もう一度やり直せって言われているような気持ちになる。
だから、甲子園っていうのは、
何か得体の知れない怪物みたいなとこがあるけれど、
ボクにとってはすごい勉強の場になっていたような気がする。

京都西の堀井の力ーブにやられたのも、甲子園じゃないけど、
ボクにとってはとてもよかったと思う。
あのまま、すんなり、選抜大会に出られたら、
左投手の力ーブに手こずったような気がする。
プロに入って1年目、ボクは左投手から結構打っているんです。
近鉄の村田さんとか小野さんとか、ロッテの水谷さんとか。
29本目のホームラン(長島の記録に並んだ)も
小野さんだったですからね。
あの時の練習が今役に立っているなあと思います。  


昭和59年、PLは春は岩倉に、夏は取手二に、
ともに決勝で敗れた。
しかし清原自身の打撃は爆発。
春夏合わせて38打数18安打、打率.473、6本塁打の成績を残す。

「甲子園ではいつも桑田が上だった」という清原。
1年生の時みたいに下痢はなかったし、内心、
あの池田の水野さんに勝ったのだから
こわいものはないという気持ちの余裕がありましたからね。

でも、甲子園ではいつも桑田の方が上をいっていたような気がする。
ボクがちょっとミスをすると、
“今度ホームランを打ったらば許してやる”とか
“次は力ーブが来るぞ”とか指示する。
それがまたよく当るんですよ。
ずっと年上のような気がした。

だから夏の決勝で8点とられた時、さすがにショックでした。
桑田といえば、
ボクらの中では絶対にナンバーワンの投手じゃないですか。
それが8点もとられるのだから、
上には上がいるんだなあと思いました。

優勝はのがしたけど、あの夏はよかった。
全日本代表に選ばれましたからね。
これでやっと桑田に並んだという気持ちになれた。

だけど、韓国では桑田が結構打ってるのに、ボクは全然ダメ。
その年の春夏で6本もホームランを打っていたし、
ちょっと有頂天になってたんだと思う。
“日本代表の4番がこの程度か”って、PLの中村監督に叱られました。

そんな時だったかな。妙に母親が恋しくなってね。
あっちで先輩の洗濯をするでしょ。
洗剤負けをして手がゴワゴワになり、ひびが入ってしみるんです。
“そういえば、オレもお母さんによくハッサクをむいてくれって
 頼んだりしたな。
 お母さん、あかぎれの手で一生懸命にハッサクをむいてくれた。
 あれ、手にしみて痛かったろうな”なんて。
なんでハッサクが出てくるのかわからへんけど、
そのことが妙に思い出されて仕方がなかった。

遠征から帰ってさっそく、西山先生についてもらって、
バッティングをもう一度チェックし直してもらった。
その時、言われたのが、
“プロで通用するバッティングをしたかったら、
 下半身から作っていけ”だったんです。
ようわからなかったけど、ともかく、走ろうと思って、
御正殿の前を毎日毎日走っていた。
ゴルフ場にランニングに行った桑田が戻ってくるまで、
走っていようと思った。

(続きは NumberPLUS 『清原和博 1983-2009』 で)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック