日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“伝説”にもなった下半身主義
2009年06月23日 (火) | 編集 |
現役時代の晩年から第一次監督時代にかけてのこと。
長嶋さんは独特の「打者観察法」というか、
打撃技術論をしていた。
「バッティングの要諦は下半身にあり」というものである。
  

これは、大量に所有している大リーグ名選手の打撃フォームの
映画フィルムコレクションを繰り返し見るうちに会得した。
  
大リーガーの打撃フォームは千差万別。
日本のように武術、芸事にある“型”と言う伝統を
持たない大リーグでは、
選手それぞれが個性あるフォームで打っている。
その中から長嶋さんは、ある共通したものを見つけたのだった。 
  

『腰から下、下半身の動きの大切さだね。
 腰の回転が鋭く切れているかどうか。
 右打者ならば右足、左打者ならば左足の蹴りこみが
 スイングのときに十分働いているかどうか。これがポイントだ』―。
  

現役時代の長嶋さんは、
フォームで打つタイプの打者ではなかった。
従ってスランプになっても、他の選手がよくやる自分の調子が
よかったときの連続写真で打撃フォームの再点検をすることは
あまりやらなかった。
  
気をつけていたのは、腰が切れているか、
右足のけりが十分かの2つだけだったそうだ。
  

『上半身のフォームが少しぐらい崩れても、
 下半身さえしっかりしていれば、
 強い打球が生まれるものだ。
 打撃練習で選手の下半身の動きを見ていれば、
 だいたい試合で打てそうかどうかは分かる。
 腰から下の動きだけで、
 打球音を聞かなくてもいい当たりかどうかは判断できるし、
 打球の方向も当てられる…』―。

そして、  
『選手時代は自分の下半身、監督になってからは
 選手の下半身の動きばかりを気にしていたのだから、妙なもの』
と、長嶋流になってくる。
  

さらに長嶋流打撃術には“伝説”がある。  
選手にバットの素振りをやらせ、長嶋さんは目をつぶって
バットが空気を切る音を聞いて、
正しいスイングかどうかを判断するそうだ。
居合いで刀を振る剣士たちは、正しい刀の操作を
太刀風の音で判断するから、納得だが、
ある選手が電話をかけたところ、長嶋さんは
『バットを振ってみろ』と言って、
電話でスイングの音を聞いてアドバイスしたという。
いかにも長嶋さんらしいが、
ちょっとすごすぎる伝説ではなかろうか。
  



長嶋茂雄という男は、天才の域を超越した野球の神様だな、と
この記事を読んで改めて感じました。
うまく説明できないけれど、野村監督の理論的な考えとは間逆の
天性で野球を会得した選手・・・と思っていましたが、
経験し会得した中で独自の“長嶋流理論”が備わった言動なのだな、
と理解できました。
野球の奥を知る選手ならではの記事でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック