日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練習の進化 伸びた選手寿命
2009年06月12日 (金) | 編集 |
5月末の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで、
34歳の王者、内藤大助選手が、
自分の持つ国内最年長防衛記録を更新した。
近年は30代王者も増え、若くして引退していた
ボクシングの印象を変えている。
米大リーグでは、45歳のランディ・ジョンソン投手(ジャイアンツ)
が4日に、通算300勝を達成した。
アスリートは、なぜ、長寿化しているのか。


日本ボクシング界では、1980年に上原康恒が31歳1ヶ月で
スーパーフェザー級王座を守り、最年長防衛記録を樹立した。
記録は長く破られなかったが、2006年に、
徳山昌守が31歳5ヶ月でスーパーフライ級王座を防衛。
翌年、内藤がさらに更新した。
現役では、32歳のスーパーバンタム級王者、
西岡利晃が5月に防衛を果たし、内藤に次ぐ記録を作っている。


こうした傾向について、
内藤のトレーナー、野木丈司さんは、
『練習の仕方や栄養の取り方が大きく変わったため』とみる。
従来、ベテラン選手は、疲労の蓄積を避けようと
練習量を落としがちだったが、
野木さんは『筋力を落とさないよう、むしろ増やした』という。
通常は3分ごとに休みをとるスパーリングを、
休憩なしで続けるなど内容をハードにする一方、
中身を毎日変え、刺激を与えるように工夫している。
減量も、綿密なカロリー計算をして、
空腹感を満たしながら減らすなど、絶食のような肉体に
ダメージを与える方法をとっていない。


長寿化は、プロ野球界でも同じだ。
阪神では、金本知憲選手、下柳剛投手の41歳コンビが投打の柱。
現役最年長、46歳の横浜、工藤公康投手は先月、
2年ぶりに勝ち投手となり、自らのセ・リーグ最年長記録を
更新した。


工藤投手の活躍は20代後半から球界でいち早く実践した
科学トレーニングの成果と見られ、
トレーナーを長年務めた白木仁・筑波大教授は、
『MRI(磁気共鳴画像装置)など医療機器の普及も重なって
科学的トレーニングが大きく発展した』と振り返る。


トレーニング法の発達に加え、内藤選手や工藤投手のように、
スポーツ選手の肉体への意識も以前より、高まっている。
今後も第一線で長く活躍するアスリートが続々と出てきそうだ。

                        読売新聞 『気になる』より
                                新田哲史氏  

テニスの伊達公子選手も、ウィンブルドンに出場を決め、
まだまだアラフォーと言われる選手らの活躍が目立ちます。
イチロー選手は日々、試合前の準備に時間をかけ
同じ動きを大切にしています。
本物のプロとは、自分を知る、ということなのかもしれません。
アフターケアを怠らず、準備に余念がないこと。
好きなことを長く続けていけることは、自分を大切にすることに
尽きると思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック