日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友への思いが『やる気』生む
2009年05月11日 (月) | 編集 |
読売新聞 『くらし 学び』より
            ~子どもの心 中学校で~ より

中学1年のころのB男は何をするにも、のんびりしていた。
忘れ物も多く、やる気のない姿も目に付いた。
2年生になってもその姿勢に変化はなかった。

担任の私は、このままではB男は変わらないと思い、
練習の厳しい駅伝部への入部を勧めた。
季節によっては日が沈んでも練習する。
B男はしぶしぶ入部した。

顧問は『本気を出せば速くなるかもしれない』と話したが、
B男はずっと控え選手だった。
3年生になったある日、『相談がある』と
B男が私のもとにやってきた。
マネージャーになりたいという。
『前年度のマネージャーのように、みんなのためになりたい』
と話すB男。
『それもいいね。頑張って』と声を掛けると、B男は、
『なんで走らないのって、怒られるかと思った』と笑った。


翌日からマネージャーの仕事が始まった。
練習メニューを選手に告げ、マッサージもする。
選手経験のあるB男は、練習のつらさが分かる。
タイムの伸びない選手には励ましの言葉をかけた。


ある大会で、2年生のC太が正選手に選ばれ、
3年生のD男が控えに回った。
D男はショックを受け、選手発表の教室から
飛び出してしまった。


大会当日、チームのみんながD男に気を使っていた。
2年生でただ一人出場するC太は特に辛そうだ。
そのC太のそばにいてくれたのがB男だった。
それからもB男はマネージャーとして頑張り、
以前のようなやる気のない姿はなくなった。


中学最後の大会の日。
キャプテンが『B男のためにメダルを取ろう』と、
チームメートに話をし、宣言通り2位に入った。
B男の首にも銀メダルが掛けられた。


B男の将来の夢は、教師。
仲間の大切さを教えたいという。

              (筆者は中学校の女性教諭です)


先生はその子の能力をきちんと見極めてチャンスを上手に
与えています。
先生が生徒に、話しやすい環境作りをし、
心のつながりを大切にしている様子がこの文章で感じ取られました。
中学生活は人生の中で将来を左右する、
経験を活かす大事な時期だと思います。

息子も4月から中学生になり、毎日様々な変化が起きています。
その中で学び得ることもたくさんあるようです。
私は息子の話を聞いて楽しむことで、
息子の成長を確認できることに幸せを実感させられます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック