日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野球上達へのヒントは他のスポーツにもあり
2009年04月27日 (月) | 編集 |
松坂への質問コーナーが雑誌に記載されていたので
取り上げてみました。 


―メジャーリーガーに負けない、速いボールを投げるには
  どんなトレーニングが必要ですか?

松坂)元々僕は肩が強かったのですが、小学生の頃から
    『どうしたら速く投げられるか』を自分なりに考えて
    練習をしていましたね。
    投げ方やトレーニングの仕方など。
    もちろん子供だったので、間違ったやり方もあったかも
    しれませんけど、考えることが好きでした。
    それは今でも変わらない。
    うまくなるためには、どうしたらいいか、
    そのためにこうしようと常に思っています。
    そういうクセをつけることは、いいんじゃないんですかね。
    探求心を大事にして。


―子供の頃の具体的な練習は?

松坂)1㌔~1.5㌔ぐらいのトンカチを使って手首を鍛えたり、
    僕は剣道をやっていたので、マスコットバットを
    竹刀のようにして素振りをしたりしました。
    すると、肩、ヒジ、手首、背筋が鍛えられるので、
    それはよかったと思いますね。


―いろいろなスポーツをやることも大切なんですね。

松坂)そうですね。
    今でも僕はいろいろなスポーツを見るのが好きですし、
    何かうまくなるヒントがあるんじゃないかと
    いつも思っていますね。


―最近のヒントは?

松坂)例えばテニス。
    疲れてきて肘が下がってきた時に、
    肘を上げることを意識するためにテニスのサーブを
    意識するような投げ方でキャッチボールをしたりしますね。
    あとは水泳のクロールの腕の使い方とか。
    どこかにヒントはあるものです。
    今のピッチングフォームがベストというわけではありません。
    今でも自己分析をしながら常に考えて
    自分でいろいろと変えながらやっています。
    まだまだ途中段階ですね。
     
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック