日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBCから見る日韓
2009年03月31日 (火) | 編集 |
読売新聞 3月26日の記事より  ~小倉紀蔵氏~

WBC決勝戦は、
原監督が試合前に『世紀の一戦』と形容したごとく、
まさに『決闘』という言葉がふさわしい内容だった。
人生そのもののように苦しみと喜びがめまぐるしく交錯する
哲学的な試合で勝利を収めた日本チームに、
祝福と感謝の意を表したい。
  


今回のWBCで最も重要なことは、日本と韓国がともに
決勝まで勝ち上がり、最高の試合を戦ったという事実であろう。
アジアの野球が強く、うまく、おもしろいということが、
WBCという舞台で完全に証明されたということが、
最大の収穫だったのだ。
  


しなやかで流麗な日本の野球。
きりりと引き締まった美しい肉食動物がサバンナを自在に
跳び回るかのようだ。
  
それに対し、重量感があり爆発的なパワーを誇る
韓国のヤグ(野球)。
強靭な肉食動物が力ずくで獲物に襲いかかるかのようだ。
  


どちらがよりよい野球かという問題ではない。
米国発祥のbaseballを自分たちの文化や体質に合わせて
つくりあげた、野球(日本)とヤグ(韓国)の個性の違いなのだ。
そしてこの時代に生きている我々の喜びは、
baseballも野球もヤグも同時に楽しめるということなのである。
  

緻密な日本野球より豪快な韓国ヤグの方に魅力を感じる
日本人がいたっていいし、
美しきダルビッシュや岩隈の動きに胸ときめかす
韓国人がいたっていいのだ。
  


野球とヤグの関係は、遡れば1980年代の韓国プロ野球
黎明(れいめい)期以前からの歴史を持っている。
当時韓国で活躍した新浦や福士といった
在日選手の名が懐かしい。
最近の関係の深化示す特に象徴的な出来事は、
イスンヨプ選手の巨人軍入団だった。
李選手の活躍を見ようと、たくさんの韓国人が日本のプロ野球の
テレビ中継に釘付けになった。
その頃韓国人に会うと、
『オガサワラはまさにサムライですね』などというので
驚いたものだ。
  


今回のWBCをきっかけに、
野球の世界でもアジアの発言権が高まるように
アメリカにどんどん働きかけていくべきだ。
今後のWBC運営に関しても
もっとアジアが関与できないのか。
その資格は充分にあるはずだ。
そのためには、日韓がよき仲間でもあることを
もっと強く認識するのがよい。
  


韓国がこれほど急に強くなった理由のひとつは、
日本の野球を徹底的に研究し、学んだことにある。
日本も韓国から学ぶべき点はたくさんあるはずだ。
すでに両国はそれほど緊密な関係なのだ。
  

残念なことに、大会中、インターネットの中では日韓両国とも、
相手を侮辱し憎悪する言葉が見られた。
スタンドで韓国人の観客が竹島(韓国・独島)に関する
プラカードを掲げたり、
韓国選手たちが勝利後マウンドに国旗を突き立てたりしたのは
いただけない行為だった。
  
国際大会に愛国心はつきものだが、
国威発揚のための手段としたり、
排他的なナショナリズムのはけ口として利用するのは、
野球という神聖なスポーツへの冒瀆(ぼうとく)である。


米国チームに勝利した後、米国野球への尊敬の念を
きちんと語った原監督は、
その点充分に紳士的であり、立派だった。
前回大会の王監督とともに、
日本では野球というスポーツが人間の精神性を育てる役割を
果たしていることを世界中に見せたこともよかった。
サムライは強いだけではなく、謙虚で気高い心も持つのである。


野球という競技を通して、
自分と相手の双方の素晴らしさを認め、
互いに尊敬する関係をつくるという手本を、
これからも日本が見せてくれることを希う(ねがう)。
そしてその土台の上に、互いの違いを認めつつ切磋琢磨する
日韓関係を築くことを目指すのだ。
その重要な通過点として、
WBCは本当にいろいろなことを教えてくれた。

    
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック