日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBC日本監督に・・・!!
2008年09月09日 (火) | 編集 |
サンケイスポーツの『球界インサイドリポート』。
毎回、楽しみにしているコラムです。
スポーツジャーナリスト・鷲田康氏、今回のコラムには、
私も1票!!と叫びました!!
昨日に引き続き、WBC監督絡みの記事を載せてみたいと
思います。



来年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の
監督問題が紛糾している。
北京五輪で日本代表を率いた星野監督だけでなく、
さまざまな名前が候補として挙がっている。
『国際大会で勝てる監督』というのが唯一、
絶対の条件であるべきだが、
どうやらそれだけではないところが ややこしい。
『あの人ではスポンサーが集まらない』、
『あの監督だと選手が集まらない』―。
何人かの候補にはこんな話しがついてまわる。
星野監督にしても
『ダルビッシュは出ない』、
『イチローも辞退する』― などという
うわさ話が先行しているのが現状だ。


それならいっそのこと、イチローに監督を兼任してもらえば
どうだろう。
話題性も十分でスポンサーも集まる。
『出よう!』と呼びかければ、チームメートの城島や
松坂はもちろん、日本からも“チルドレン”といわれる
ヤクルト・青木、ソフトバンク・川崎らが名乗りを上げるのは確実。
選手集めにもイチロー効果は必ず出るはずだ。


もちろん、それだけで監督説を唱えるのではない。
メジャー8年目。
WBCはメジャー選手主体のチームが多いだけに、
最も相手を知っているのもイチローではないか。
前回大会の経験があり、国際試合のノウハウも肌で感じている。
年が若い(34歳)というだけで、
こんなうってつけの監督はいないのではないか。
何より、そういう立場になったら、
もっと身を入れてチームに関われるかもしれない。
監督なら大会期間中はチームメートと同じ宿舎に泊まり、
ミーティングにも出席するはずだ。
その中から日の丸を背負う一体感が出てくるかもしれない。


1日の実行委員会で、人選は最終的に加藤コミッショナーに
一任することになった。
どうです、コミッショナー!
イチローの名前も、ぜひとも選択肢の一つに加えて
いただけないでしょうか。




私も見てみたい気がします。
全く考えてもみませんでした、イチロー監督!
でもアリだと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/09/09(Tue) 20:35 |   |  #[ 編集]
悪いが、星野さんはやめて、江川,掛布
にやらせてみたらと勝手に思いますね~^
野村さんも最後の、華
として・・
2008/09/10(Wed) 09:33 | URL  | 荒野鷹虎 #-[ 編集]
kiyoさん、心強いコメント ありがとうございます!!
2008/09/10(Wed) 13:32 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
荒野鷹虎さん、こんにちは。    野村さんの“最後の華”・・・。  その線もまだまだ捨て切れないですよね。    でもやはり王監督が一番有力なのでしょうかね??
2008/09/10(Wed) 13:36 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック