日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『頭脳的』 好守でけん引 ~レイズ・岩村明憲二塁手~ 
2008年09月03日 (水) | 編集 |
今日は、私も応援しているレイズ・岩村明憲選手を
ピックアップしてみました。
スポーツ紙でも裏一面で取り上げられるほど、
今、日本メジャーリーガーの中で最も注目されています。
地区初制覇へ、一歩一歩 歩み寄っていくチーム内で、
『形はどうであれ、1日1回ホームを踏む』という信念のもと
チーム全体が盛り上がりを見せています。


読売新聞  『メジャー’08』より
今回は載せてみました。


レイズの岩村が、メジャー一の成績を残している分野がある。  
ポジション別の守備率だ。
今季、コンバートされた二塁で、9割9分4厘。
エラーはわずかに3。
堅実な守備で、首位を走るチームを引っ張っている。
  


メジャー1年目の昨季も、三塁手としてメジャー最高の守備率
9割7分5厘を残し、失策は7つのみだった。
  
日本で6度、ゴールデングラブ賞を受賞したが、
受賞年で、失策数が10未満だったのは1季のみ。
  
難しいと言われている天然芝の球場が多い大リーグで、
確実性が上がったのはなぜか?
  



本人は、
『神宮でサードを守るよりは、こっちの天然芝の方が楽』
と笑い飛ばす。
  
かつての本拠地は、打球が死なず、バウンドも不規則
だったのだそうだ。
  
ただ、それだけでは説明がつかない。
三塁から、二塁手へのコンバートは、そう簡単ではないはずだ。
  


守備に対する考え方を変えたのが、一つの要因だ。  
三塁手は花形のポジションだから、
『長嶋(茂雄)さんのように、大きな動きを入れたり、
 余裕を持って一つのプレーをこなし、
 お客さんを喜ばせるのがプロ』―。
そう思っていた。
  
しかし二塁手は、
『玄人好みと言うか、いぶし銀と言うか、派手なプレーよりも
 一つのアウトを確実にとることが大切。
 そうすれば、投手とセンターラインの信頼関係が出来る』―。
守備の要だという自覚が生まれた。
  


岩村の守備は、堅実なだけではない。  
フォーリー内野守備担当コーチは、  
『ポジショニングに優れている。
 頭がいい』と言う。
  
例えば8月16日のレンジャーズ戦の5回。
二塁ベースよりも三塁寄りのゴロを軽快にさばいた。
広角に打ち分ける右の好打者、ヤングの2球目のファウル、
3球目の空振りを見て、その都度、守備位置を、
少しずつ二塁寄りにずらしていたのが効いた。

『打者がどんな振りをしているかで、1球1球、
 守備位置を考えている。
 その場にとどまることはない』―。
まさに、派手さはないが、玄人好みするプレーだった。
  


一軍デビュー当初、野村克也監督(当時)に酷評された
岩村の守備は10年後、メジャーの舞台で、
プレーの幅を広げるとともに、
確実性、信頼感をも増している。
  



日米通算200号記念ストラップ、Tシャツが
daiyaさんのブログで販売中です。
私も注文します!!
是非、身に付けて、岩村明憲選手を体感してみて下さい!!
地区優勝が目前!!!

                          
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
kuni28さんこんにちは!
お買い上げ頂いた上に
宣伝までして頂き誠に
ありがとうございます。
中々いいデザインに仕上がったと
自負しております。
気に入って頂ければ
幸いです。
2008/09/03(Wed) 17:44 | URL  | daiya #-[ 編集]
daiyaさん、無事商品届きました~v-10   お気に入りですv-432    今日の岩村選手、大活躍でしたね。   更なる活躍を期待しています!!  Tシャツを着て応援しま~すv-321
2008/09/05(Fri) 14:27 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック