日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公式記録と参考記録
2008年08月01日 (金) | 編集 |
イチローの日米合わせての3000本安打は、
よくぞ積み上げたと感服する。
これまでの日本のプロ野球で3000本安打を達成したのは、
3085本の日本記録を持つ張本勲(元東映、巨人など)
ただ一人で大リーグでも27人しかいない。
順調にいけば、来季の序盤で張本の安打数を上回る
可能性が高いという。


こんな偉大な記録にケチをつける気は毛頭ないが、
どうも『日米通算』という言い方が気になる。
1977年、王貞治(ソフトバンク監督)が本塁打で
ハンク・アーロンの755本を更新し、日本国内では、
『世界記録』と大騒ぎになった。
しかし、米国ではレベルの差、日本の球場の狭さなどから
世界記録とは認めなかった。


それから30年以上たって日米の差は急速に縮まったとはいえ、
試合数、投手力など まだまだ条件はかなり異なる。
そこに日本での記録を持ち込むこと自体無理がある。
イチローは日本で1278安打しているが、
海を渡った時点でルーキーであり、
新人王の資格もあるくらいだから、記録もリセットされて
然るべきだろう。


本紙専属評論家の江本孟紀氏はこう話す。
『3000本は努力の積み重ねの結果で、頭が下がる。
 しかし、アメリカはアメリカ、日本では日本で、
 なんでも一緒にするのはナンセンス。
 あくまでも参考記録で、まだ恵まれない時期に達成した
 張本さんだって、
 そういうカウントの仕方で抜かれたら怒るだろう』―。



広辞苑によると、
『通算』は全体をひっくるめての計算。
日本での記録に条件は異なるが米国の記録を加算した、
という意味では『合算』が正しい表現ではないか。
『祝日米合算3000本安打』―。
小欄ではあえて、そう祝福したい。


           サンケイスポーツ  『甘口辛口』より
                              今村忠氏


史上最多4256安打を記録に持つピート・ローズ氏も
こう語っている。

『自分の方が体が大きいから、もっとバットを強く振っていたし、
 長打も多いはずだ。
 イチローのような打撃スタイルで足もあれば、
 5000安打していいだろうね。
 僕が長く現役を続けられた秘訣は、
 決して(現状に)満足しないことだ。
 そして体調を常に整えておくこと。
  
 現役時代から酒もたばこもやらなかった。
 今じゃ当たり前だけど、当時は両方とも好きな選手が
 多かったからね』―。

イチローの殿堂入りについては、
野球が最も難しいスポーツといわれる理由を知っているかい?
 10回中7回失敗しても殿堂に入れるスポーツなんて
 他にないからさ。
  
 アメフトのQBのパスや、バスケットのシュートで成功率が
 30%だったら、ベンチにも入れない。
 だから10年プレーして3割以上打ったら、
 その資格は十分にある』―。


イチローの記録の価値の高さを誰よりも理解しているのは
チームメイトの城島選手。

日本に来た米国人が日本人より高い打率を残したかというと、
 ごくまれ。
 その反対に、イチローさんは誰よりも高い数字をアメリカで
 出しているんだから、認めざるを得ない。
  
 こんな大記録に知り合いを誰も呼んでいない。
 周りがスゴイと思っている記録を、
 当たり前だと思っているのがスゴイ!
 僕なら友達をいっぱい呼びますけどね』―。


日米通算の記録だから、米メディアは、決して大きく
扱っていない。
価値について、様々な議論もある。
イチローもそれは分かっていて、議論が起こること自体は、
受け入れている。
  
ただ、日本でのヒットを軽く見る声には、こう反論する―。

『アメリカでの安打ペースの方が早い。
 日本の方がレベルが高いんじゃないの、
 と言い返せる』―。
  

951試合で1278安打、1試合あたり1.34本だった
日本時代に比べ、メジャーでは、
1224試合で1723本を放った。
1試合あたり1.41本と量産ペースが上がっているのだ。

『それが武器。
 ちょっと誇りにしている』―。

また、議論を起こしたことについては、
『最初は気持ちいい。
 議論を巻き起こす自分が、そこにいるというのは、
 悪い気はしない』―。


例のない記録を打ち立てる者のみが言える言葉だ。

 















スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すごいです!!
記録を残せる人って、才能はもちろん、人の何倍もの努力と練習の積み重ねなんでしょうねe-68
2008/08/02(Sat) 22:30 | URL  | つぶ #vqm8JHu.[ 編集]
つぶさん、初めまして。  コメントありがとうございました。   『努力できることが才能である』。
この言葉は松井秀喜選手の好きな言葉です。   勇汰も不器用ながら、人一倍努力しています。   努力は惜しんではいけないと思います。
2008/08/09(Sat) 15:02 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック