日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『オタク』 なりきれず孤独感
2008年07月15日 (火) | 編集 |
― 彼女さえいれば』 『不細工』など、
ネットの書き込みからは、容姿や異性関係に対する加藤智大
容疑者のコンプレックスがうかがえる。
内面的な若者に多く見られる自意識のあり方だ。
最近は、自分たちのことを『非モテ』『キモメン』(気持ち悪い男)
という言葉で卑下する若者も多い。
  
彼等は実際は醜くなくても、コミュニケーション能力不足が原因で、
異性経験が少なくなり、そのことだけで『負け組』と思い込む。
彼等は『努力すればモテるかも』と期待を持ち続けることを
つらいと感じることが多い。
  
加藤容疑者も、努力では変えられない外見に劣等感を集約し、
あえて自ら期待を断ち切ろうとしたのではないか。
  


周囲に『アニメの女性は裏切らない』と語っていた点は
どう見るか。
いわゆる『オタク』たちがそうするように、
現実の女性の代わりに空想のキャラクターに興味を
示してみたのかもしれない。
  
ただ、彼は十分オタクにはなりきれなかった気がする。  
私が知るオタクとは、モテなくても、キャラクター女性などで
それなりに満足できる。
そんな現実を仲間同士で自虐交じりのユーモアで語り合い、
居直ってみせることもできる。
  
そうしたコミュニティーに加藤容疑者も属していれば、
少しは楽になれたかもしれない。
  


なぜ、なりきれなかったのか。
かつてはエリートだったという意識があり、
空想の世界に逃避することに心のどこかで抵抗があったのだろう。

家族関係を喪失した孤独感も想像以上に大きいと思う。
その空白を埋めてくれると信じていたのだが、
『彼女』という存在だったのではないか。
  


多くの引きこもりの若者を見てきて思うが、  
家族という居場所は嫌悪感の対象になるが、
極端な行動に走らせない緩衝材にもなっている。
若者を孤立させないために、
今回の事件が家族のあり方を考えるきっかけになってほしい。


                        精神科医  斉藤環さん(46)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック