日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
慈善活動を続ける意味
2008年07月08日 (火) | 編集 |
毎日、ロッテ・今江選手のブログを拝見しています。
今日付けのブログ、強く心に響いてきたので、
ここで紹介したいと思います。



七夕の今日、夫婦2人で
千葉市内にある乳児院と児童養護施設へ行って来ました。

前回は児童養護施設だけでしたが、
今回は新生児から、3歳までが生活している乳児院に
初めての訪問。

勿論、赤ちゃんや子供達は、僕の事など全くわからないでしょうし、
どのように接して良いのか?不安もありました。
でも子供たちに会えるのを楽しみに向かいました。

しかし、その不安は一瞬にかき消されました。

それは施設長さんのお話や、
保母さんの人柄や雰囲気にも加えて、
何といっても、赤ちゃん皆の元気な声や、表情を見て、
なんとも言えない気持ちになったからです。

嫁は、その姿を見て、感動してしまい、
目を潤ませていました。

色々な諸事情を事前に聞いていましたが、
そんな事など関係なく
今を必死に明るく生きている
子供達の真直ぐな姿、純粋な瞳、
本当に人の心を打つものなんだと深く深く感じました。

言葉で伝えるのはとても難しく、
感じたことを何と表現したらいいのか。
言葉で簡単に表せる事は出来ません。

心と心の間のものですから。


僕も今日は保父さんに変身!嫁も保母さんに!

おもちゃやボール使って、一緒に遊びました。

ボールはマリーンズキャラクターのまぁーくんや、
りーんちゃん、ズーンちゃん、クールの絵が入ったものを
用意しました。

お絵かきに使ってほしいと思いクレヨンもプレゼント。

最初は怖がっていた赤ちゃんも
次第に心を開いてくれました。
そして今日七夕の笹の葉をプレゼント。
折り紙での飾りも僕ら夫婦で作りました。

飾っていただき、それをバックに一緒に写真撮影、
全員の子供を抱っこして、記念写真を撮りました。

施設長さんからは、
「この子達が卒業する時に渡す記念のアルバムに入れます」
との事。

とても光栄です。
今後も何枚も追加してもらえるようにしたいです。

その後は、児童養護施設のハウスにいきました。
丁度、学校帰りも重なって、
たくさんの子供達とも接する事も出来、
その場が、ちょっとした懇談会と言うか、
サイン会になりました。

嬉しいことに、逆に女の子から手書きの絵の入った
メッセージも貰いました。
本当に優しい子供達ばかりです。

おそらく上は中学生だと思うのですが、皆、
とても行儀良く、挨拶もしっかり出来て、
こちらまで清清しい気持ちになりました。

中に野球の好きな男の子もいて
「一昨日、マリンに行ったんだ」と話してくれました。
本当に有り難い事です。

嫁は嫁で、女の子から似顔絵をもらったり、
キャラクターのメモ帳をもらったり、
女の子ならではの話をしていました。

その後も、庭でキャッチボールをやったりと
本当に素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。

グローブをはめ、野球をする姿をみて嬉しくなりました。
野球をずっと続けてほしい。

帰り際も最後まで送ってくれて、
「また来てね!頑張ってね!」と言ってくれました。

本当に嬉しかった。


その帰りの車の中、先程までの事、
そして今後について嫁とたくさんの話をしました。


僕は今、このようにプロ野球選手になる事が出来ました。
それは、多くの方々のお陰だと思って常に感謝しています。


その気持ちを今度は行動にして
社会にお返ししていきたいと思っています。

これはかつてからの僕だけでなく、嫁と二人の想いです。  

偉そうな事や、かっこつけるつもりもさらさらありません。
小さな事かもしれませんが、自分達で出来る事をやっていきたい。


今何ができるか、自分に問いかけ、
今後も活動をしていくつもりでいます。

このようなお話を、
今日一日で、説明する事は難しすぎて言えません。


でも地道に、そして少しずつ皆さんにお話していきたいと思います。
そして皆さんにも、
応援して頂けるような輪を広げていければ幸いです。
  
またこのようなご報告をさせてください。


さて、最後に、帰り際、子供達から
「明日のファイターズ戦、絶対に勝ってね」と言われました。

この約束を守らなければ!!!

その為にも、皆さん、いつもの熱い声援で
僕の背中を後押ししてください。

皆さんの期待と、子供達との約束。

本当に今日はたくさんの子供達から
たくさんのパワーをもらいました。

今度はグランドで僕がパワーを与える番です!
頑張ります。




今江選手は、以前から慈善活動を個人的に行っています。
『奉仕の心』『社会に貢献できる心』を
若くして持てるなんて、
本当に素晴らしく感心させられます。
社会生活とはかけ離れた世界の“プロ野球選手”としての活動が、
プロ野球界を開かれた世界としてファンを招きいれ、
地道ではありますが、社会貢献への意味をファンに伝え
選手達、チーム全体が、ファンとの身近な存在であって
ほしいと思います。


今江選手、ガンバレ!!







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック