日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木内監督復帰 甘さ一掃
2008年07月04日 (金) | 編集 |
私の母校でもある、常総学院・木内幸男監督。
息子と同じ少年野球チーム先輩にあたる選手もいて、
かなり目先の甲子園優勝を目指すだけの
メンバーは取り揃えています。
(寄付金はもちろん!!出しますよ~



過去2大会、甲子園で勝てなかった常総学院の切り札は、
5年前の全国制覇を花道に勇退した
名将・木内幸男監督(76)の復帰だった。


茨城なまりの ひょうひょうとした語り口。
『あれ以上ない終わり方だったのに、
 この年で戻るのは恥ずかしい』と照れ笑いする。


霞ヶ浦高校と対戦した春の県大会決勝は、
9回に2点差を追いつき、延長の末に勝利。
『木内マジック』と呼ばれた采配は健在だった。  


練習や試合でプレーの一つ一つを選手達に細かく解説し、
その戦術を地道に浸透させていく指導は変わらない。
  
だが復帰後、ある変化ににも直面した。  
『少年野球で「野球を楽しめ」と言われて指導されてきたせいかな』―。
素質がありながら、どこか甘さを残す選手が増えたように感じる、
という。

 

だからこそ、期待する選手には厳しくなる。
その一人が、島田隼斗主将(3年生)。
父は、21年前の準優勝投手で、プロ野球の日本ハムで
活躍した
島田直也さんだ。
本職は内野手だが、父譲りの素質を見抜き、
今春から投手も兼任させた。
  
だが、先発した6月末の練習試合では、完投したが6失点。
試合中盤には右手に打球が直撃し、
痛そうにかばう場面があったが、
それでも降板を許さなかった。  
『あいつは一度、さらし者にしねえと』―。
厳しいようだが、すべて主力としての粘りと自覚を
身に着けさせるためだ。
  


まもなく喜寿を迎える名将が、今の高校生に伝えたいのは、  
『野球は勝ってこそ楽しい』―。
それには練習や試合で苦しい経験を積まねばならない、とも。
  


野球の真の楽しみ方とは―。
記念大会に巡り合わせて復帰した今夏、
木内監督は、その戦いぶりで、高校球界に
問いかけようとしている。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 二十代後半のころ 仕事で2年くらい土浦の真鍋というとこに すんでました たまに 常総の 野球をみにいった記憶があります 木内監督はかざらなく いつも笑顔で子供らをむかえてる監督というイメージですね 取手二校時代ものすごいひとだなと ほんとうに野球の好きな人ですね
2008/07/05(Sat) 21:33 | URL  | kiyo #-[ 編集]
kiyoさん、驚きです・・・!!  私はその近所の町に・・・住んでいます。   (常総学院出身なので自転車で通っていました)   木内監督は小柄な人で、生徒と混ざっても分からないくらい、普段は存在感薄い(??)方ですが、球場に一度顔を出すと一変!!  マイク片手に技術指導(だっぺよ~~と茨城なまりで)!!  孫ほどの選手らを心から愛していて、一人一人の選手の能力を見抜き引き出すことのできる優れた監督です。 (見切りも早いのですがね)   ただ、体力的に今年はどうなんでしょうかね?
私の目では、県予選で一波乱ありそうな予感も・・・。
2008/07/07(Mon) 11:34 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
常総学院甲子園出場、おめでとうございます。飯田捕手、島田投手、注目したいです。
2008/07/26(Sat) 10:08 | URL  | 一花 #-[ 編集]
一花さん、こんにちは。   勇汰の先輩、飯田君は新キャプテンに任命され、甲子園に挑みます。   飯田君のリードに注目して下さい!   島田君のお父さんは、私の学年の1つ下で、よく私のクラスに来ては、野球部キャプテンらのパシリに使われていましたよ。  穏やかないい子でした。
2008/07/28(Mon) 16:10 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック