日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
工藤公康 #47 (2)
2008年05月22日 (木) | 編集 |
―ピッチングの面で、早く上達する為に工夫したことは
 ありますか?
  

『週間ベースボールに掲載されているプロの投手の
 ピッチングフォームの分解写真はよく見たし、
 稲生和久さんや川上哲冶さんらの解説を読み、
 プロはこういう所が凄いんだと自分なりに研究しました。
  
 右ピッチャーの連続写真を裏側から透かし、
 僕と同じピッチャーに見立てるということもしましたね。
 反対にすると、だいたい投げ方がおかしいんですよ。
 でも、そういう所も含め、ヒジの使い方や部分部分を
 参考にしましたね』
  

―小学校の段階で、かなり考えて野球に取り組んでいたわけ
 ですね。
  

『さっきも言ったように、全ては人より早く、しかも楽をして
 野球が上達するにはどうしたらいいかを考えた結果なんです。
  
 だから、シャドウピッティングはよくしました。
 自分のフォームを意識し、どういう動きが良くて、
 どういう動きが悪いかを考えるにはシャドウピッチィングが
 一番効果的なんです』
  

―工藤さんは今でもシャドウピッチングを
 大事にしているそうですね。
  

『僕は本来、プロだから、子どもだからと、教える内容を区別する
 必要はないと考えています。
 むしろ、子供の段階からプロが学ぶような技術を教えた方がいい。
 そういうものが習慣化すれば、中学、高校の段階で
 プロレベルの技術をマスターできるはずなんです。
  
 
 例えばゴロの捕り方の基本はプロも小学生も同じです。
 小学生だからといって、それを疎かにしていいはずはないし、
 小学生の段階からプロと同じ正しい基本を教えるべきなんです。
  
 だからプロの理論やトレーニング方法も、
 取り入れられるものはどんどん取り入れていいと思います。
  
 
 トレーニングというと、体力の強化や筋肉の強化のことのように
 誤解している方もいますが、
 スポーツの技術は、筋肉の強化によって上達するわけでは
 ありません。
  
 大事なのは、自分の頭でイメージしたことが、
 どう正確に神経回路を伝わって、体の動きにまで
 つながっていくか。
 イメージ通りに体が動くというのは、そういうことです。
 しかも、それを遊びの中で自然に身に付けていくのがベストです』
  

―例えば工藤さんが子供の頃、新聞紙を丸めて打っていたような
 ことですね。
  

『新聞紙でもいいし、ピンポン球でもいい。
 ピンポン球を投げると、ものすごい変化をするじゃないですか。
 それを手で打ったり、卓球のラケットで打ったりするわけです。
 そうすると左バッターなら左手、右バッターなら右手が
 どういう風に球を捕らえればいいかを体で覚えるわけです。
 そうなれば野球のボールを打つのも簡単になりますよ』
  

―野球以外のスポーツもドンドンやっていいとお考えですか?  

『もちろんです。
 卓球なんて動体視力を身に付けるにはすごくいい。
 バスケットボールで判断力やチームプレーを覚えるのもいいし、
 ウォーミングアップの代わりにサッカーで体を慣らすのもいいと
 思います。
 小さい頃はいろんなスポーツをするのがいいですね。
  
 
 今は9歳から12歳の頃をゴールデンエイジと呼び、
 この年代に最も神経系が発達することが分かっています。
 つまり、技術を習得するのに適しているわけです。
 ですから、この時期はいろんなスポーツや遊びを通じて、
 運動神経を育てて欲しいですね』
  

―工藤さん自身は体操をしたわけですが。  

『結果的には、体操は柔軟性を見に付けるのに役立ちました。
 それと肩。
  
 鉄棒にぶら下がると、肩を痛めるというイメージがありますが、
 そんなことはありません。
  
 逆に肩を強くするのにとても効果がある。  
 なぜチンパンジーの握力が200kgもあるかといえば、
 木にぶら下がり、常に木と木の間を移動しているからです。
 だから、僕はオフに野球教室に行くと、子ども達に
 うんていをやらせたり、鉄棒の懸垂をすることを勧めています。
  
 子供のうちに鍛えなくてはいけないのは、
 肩と股関節。
 この二つを鍛えれば、あとは成長とともに
 体は強くなっていきます』

                   
                                 (続く)

  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
人類の進化を

考えさせられますね。
2008/05/23(Fri) 20:20 | URL  | jan #-[ 編集]
プロの色んな選手の話を聞いてると、本当に野球が好きなんですね。だから、自然と自分で考えて工夫するし、いい事は素直に吸収する。才能があるから出来るんでしょうけど。我々の仕事も、基本好きじゃないと駄目ですね。仕事人間は駄目だとかいう人もいるけども、まずは、何でも好きなことじゃないかなと思います。
2008/05/28(Wed) 18:52 | URL  | 一花 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック