日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
獅子舞打線生んだデーブ革命
2008年05月15日 (木) | 編集 |
開幕前にこの快進撃を予想した人は、どれだけいただろうか?
昨季26年ぶりのBクラスとなる5位に沈んだ西武が、
首位を快走している。
和田(中日)、カブレラ(オリックス)の両主砲が抜けながら、
強力打線が脚光を浴びる中、
新任の大久保博元打撃コーチ(41)に、
チーム躍進の要因などについて聞いた。(聞き手・高橋潤平)
  


―開幕前の予想を覆して、首位を快走。
 特に打線が好調で大久保コーチの手腕が発揮されています。

『僕は特に何もしていない。
 土井(前ヘッドコーチ)さんや立花(前打撃コーチ)さんが
 しっかり基礎を作ってくれたものが、今、
 花開いたということでしょう』

―40試合で56本塁打の打線が、他球団にとって脅威になっている。

昨秋からしっかり練習した成果が出て、みんなしっかりスイングが
 できている結果だと思う


―昨季との違いは何か。  

昨季より各打者の打席での制約が減っていると思う。
 右打ちなど臨機応変の打撃は必要だが、
 1番から9番まで打撃の定義は一緒。
 まずは「しっかり振り切る」ことを前提にしている


―選手にも意識付が浸透している。

例えば(右打者が)おっつける右打ちなんかは、
 状況によって必要なときがあるけど、そればかり練習していたら
 逆にバットのヘッドが下がってしまう。
 応用編よりも基本を大事にしている。
 打者によっては2ストライクになっても1発を狙っていいぞ、
 というときもある


―カブレラ(オリックス)、和田(中日)の両主砲が抜けた影響は
 なかったのか。

『あの2人は間違いなくいい打者なのは事実。
 ただ、それを補えるものがあるとも考えていた』

―具体的にいうと。  

ファウルの数も1つの例。
 今月1日時点で(スコアラー陣の調査によるファウルの数が)
 リーグトップ10でうちの打線から5人出ている。
 それだけ粘れれば、相手投手の疲労も早まるし、
 それだけチャンスが多くなるということ


―他に西武打線が持つ長所は。  

アクシデント以外の故障者が出ていないことは誇れると思う。
 試合に出続けることで成長もできる


―大久保コーチがベンチのムードメーカーにもなっている。

『僕よりも渡辺監督の存在が大きい。
 試合後のミーティングでも選手をくさした
 (ミスをとがめた)覚えがない。ミスをしても
 「それを防ぐための対策を立てなかったオレ達首脳陣が悪い」 
 という考えなので、選手はやりやすいし、僕らコーチも真剣になる


―7日の日ハム戦(西武ドーム)でサヨナラ勝ちしたときには、
 喜びのあまり右太ももを肉離れしてしまいました。

『ちょっと恥ずかしかったね(笑)。
 でも9日から象にも効くらしい(笑)座薬を入れて打撃投手も
 したよ。
 自分だけじゃなく、人のための方が頑張れるものだよ

―大久保コーチの指導は午前7時半からのアーリーワーク
 (早朝練習)や個人単位のミーティングなど、
 ユニークなものが多い。
  

評論家を13年間やった経験が生きたのかもしれない。
 自分は現役時代の実績がほかの方よりなかったので、
 人一倍勉強して現場の人に取材した。
 昨年も松坂(大輔)のメジャー初キャンプの仕事の時に
 レッドソックスの(捕手の)バリテックに練習方法も
 聞いたりしていたから


―選手の体調や指導内容などを記した独自の『カルテ』
 などもそうか。
  

そうだね。選手の状態や指導方法を記録して保管することは、
 自分がコーチを辞めても、球団の財産として残る。
 継続的に育てるにはいいアイディアだと思った


―プロゴルファーとしての顔も持っていることは
 野球のコーチとしても生きたのか。
  

レッスンプロとしての講習を180時間受けて、
 教え方に気を使うようになった。
 服の色で自分の印象が違うことも意識するようになった


―ゴルフとの共通点はあるのか。  

ゴルフも野球も、慣れ親しんだフォームを変えようとすると、
 人間の体はすごく違和感を覚えてなかなかうまくいかない。
 そこを納得してもらって、練習して新しいものをなじませることが
 出来るのかが勝負になる。

 (練習)量が質を生むことがよくあるから

―今後の西武打線の目標は。  

あえて目標を置かないようにしている。
 これもゴルフのラウンドをする心構えに似ているけど、
 シーズンチーム通算200本塁打を狙える打線でも、
 それを意識したら打撃を崩してしまうし、達成しても
 気が抜けてしまう。
 1試合1試合戦っていくだけです


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。
大久保コーチの言う渡辺監督のミスを咎めず「オレ達が悪い」という風なスタンスでいるのには感心しますね。
叱咤・激励するだけでは時にはプレッシャーになってしまうもの。
しかし首脳陣が責任を取る考えでいるからこそ選手も思いっきりできるし、「監督に恥をかかせたくない」という責任感も育ってくるのでは。
今の西武打線は思いっきり振ってくるし、スイングに迷いがない。
投手のほうが萎縮してしまえば、甘い球が簡単にスタンドイン。
この素晴らしい状態が夏以降まで続くようだと、このシーズンを持っていかれてしまいそうです。
2008/05/19(Mon) 00:28 | URL  | 夏海 #-[ 編集]
夏海さん!!  お元気ですか?  お久しぶりです。  今年の西武は、去年の秋季キャンプから注目していました。  大久保コーチ就任で、朝の時間を上手に利用し、規則正しいキャンプを送っている、という記事に注目していました。  大久保コーチの評論家経験が、かなり貴重な体験nなっているようですし、選手の目線で考え、無理のない方法でバックアップする姿に、選手を尊重しうまく操作しているように見受けられます。   ここまでは大久保コーチの策略通り。  これからの交流戦が、今後のチームの流れを大きく左右する分岐点のように思います。
2008/05/19(Mon) 15:34 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
私は、西武は今年我慢の年だと思っていたので、打線の爆発に正直びっくりしてます。大久保コーチのやり方は、十分納得です。日ハムがシステム投資し、データ管理をしてるという高田GMの野球小僧のインタビューがありましたが、意外と球界は、ドラフト候補や各選手の情報管理がまだデータベース化されていないそうです。
我々企業では、精神論や経験則に基づく泥臭い指導も実は大切と考えています。しかし、新人など基本は、マニュアル化した最低限の行うべきで、更に成長過程でも、精神論ではなく具体的な課題と目標の行程の設定と、リターンの繰り返しです。そこには論理性がないといけないし、正しい知識や、個々の特性も合わせていく柔軟さも必要です。大久保コーチは、きっと社会経験でそういうものを吸収されたんでしょう。全体の一律的な練習は、基礎練習であるべきで、個々がそれぞれ練習内容や配分に差が出てくるのが、本当の練習だろうと思いますね。
2008/05/21(Wed) 20:48 | URL  | 一花 #-[ 編集]
一花さん、勉強になります!!  大久保コーチの緻密な選手のコントロール法に、とても興味を持っています。  今後も注目してブログに載せていきたいと思います。
2008/05/21(Wed) 21:36 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック