日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒルマン監督の手腕を早くも評価
2008年04月11日 (金) | 編集 |
日本では巨人が開幕ダッシュに失敗し、
大リーグではタイガースが開幕7連敗。
今季の総年俸は約1億3770万㌦(約141億8500万円)で
ヤンキースに次ぐア・リーグ2位で優勝候補挙げられていた。

そのタイガースが所属するア・リーグ中地区で、
予想を履す好発進をみせたのがロイヤルズ。
就任1年目のトレイ・ヒルマン監督(45)=前日本ハム監督=
の手腕が早くも評価されている。


『とてもエネルギッシュでプラス思考。
 まだ優勝できる戦力ではないと思うが、
 チームを正しい方向に導いている』とは
『カンザスシティー・スター』紙のロイヤルズ担当、
ボブ・ダットン記者。
メジャー球団を指揮するのは初めてのヒルマン監督だが、
過去13シーズンで12シーズン負け越しているロイヤルズの
意識改革から着手。
若手育成に力を注ぎ、投手陣を立て直したことが
好調の要因だと分析した。


確かに開幕したばかりとはいえ、ロイヤルズの
チーム防御率はア・リーグ1位の2.67(昨季は同7位の4.48)。
先発3本柱が確立され、抑えのソリアはすでに3セーブをマーク
している。
あとは同記者が『ア・リーグでも弱い』と指摘する打線の強化。
若手が成長すれば、本塁打数がア・リーグ最少(3本)という
長打力も改善されるはずだ。


3年ぶりのメジャー昇格を果たした野茂も注目される。
プロ入り後、初の中継ぎで成功するようなら、
米国でも“ヒルマン・マジック”と呼ばれそうだ。


                サンケイスポーツ『MLBプレスルーム』より
                                    田代学氏
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
我々の会社でも、上司の采配で、ムードも業績もガラリと変ります。日ハム躍進のキーマンは、ヒルマンでしたね。
2008/04/11(Fri) 19:43 | URL  | 一花 #-[ 編集]
一花さん、コメントありがとうございます。      以前よりヒルマン監督の采配ぶりには興味を持っていましたが、白井コーチのメンタル的な指導力にも注目していました。    今後もヒルマン監督&白井コーチの指導力をこのブログでも紹介していきたいと思います。
2008/04/11(Fri) 21:01 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック