日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノーサイドの精神
2008年04月04日 (金) | 編集 |
部員の大麻事件で活動を自粛してきた大学ラグビーの強豪
関東学院大学が、1日に練習を再開した。
処分については賛否両論あるが、
昨季のリーグ戦は事件発覚前に消化した6試合の
成績は残して2位、
というのは事件の社会的な影響の大きさを考慮すれば
甘すぎる気もする。
2部からの再出発でもよかったのではないかと思う。


それはともかく、6度の大学日本一に導いた名将
春口監督が辞任し、5ヶ月にわたる部活動停止、
6月3日までの対外試合自粛などで部も大学も
社会的制裁は受けた。
再生に向け、ボランティア活動や寮生活のルール改善など
学生達が自らの手で取り組んでいるという。
二度と愚かな事件は起こさない、と信じて見守るしかない。


しかし、関東学院大などリーグ戦グループ47校で構成する
関東大学連盟からは、対外試合の自粛を6月末まで延長するように
要請されたという。
もともと、連盟内部では大学側の報告をもとに、
関東協会が決めた今回の処分を『甘すぎる』とし、
一時は休部や廃部を求める意見も根強かったと聞く。


それもわかるが、6月3日を6月末に延長させたところで、
何の意味があるのだろう。
4~6月はフィットネス中心で試合をしなくても
ほとんど影響は無いという。
リーグ戦1部8校の試合日程や会場などを管轄するのは、
上部団体の関東協会であり、その決定は覆ることもなく、
関東学院大に対する“やっかみ”ととられても仕方ない。


昨季の大学選手権は優勝した早大はじめ対抗戦が
ベスト4を占めた。
リーグ戦の巻き返しのためにも、
連盟は関東学院大の再スタートを気持ちよくバックアップ
する方が、ノーサイドの精神にかなっているのではないか。


                     サンケイスポーツ 『甘口辛口』より
                                     今村忠氏
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック