日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大声で「F××K!」・・・米国人観客もマナー守れ!
2008年03月26日 (水) | 編集 |
昨日に引き続き『イデスが見た ニッポンのやきゅう』より
お送りします。


ボストンでも日本開幕戦は注目されている。
『ボストン・グローブ』紙では、コラムニストと若手の
女性記者、カメラマンに私の4人を派遣。
時差で試合終了がボストンの午前中になるため、
まずはウェブ用の原稿を出稿したり、ブログを更新。
改めて新聞用の記事を書く予定。
米国で米大リーグを取材している日本人記者の苦労が
実感できそうだ。


日本では松坂や岡島を中心に報じられているが、
私はこの開幕戦をきっかけに
日本の野球や文化が地元・ボストンのファンや読者に
伝わるように心掛けてきた。
西武ドームを訪れて入札金の使い方を尋ね、
“松坂の後継者”といわれる涌井らをインタビュー。
少年時代に所属していたリトル・リーグも訪れた。
ライバル紙の『ボストン・ヘラルド』は
大阪まで足を運び、松坂と甲子園の特集記事を組んでいた。


かつてレ軍がドラフトした西武の新助っ人・キニーとは、
通勤に利用しているという西武線に同乗。
長男の出産に立ち会った松坂とは対照的に、
妊娠中の妻を米国に残して来日している話や、
日本に1日も早く適応するために電車を使ったり、
和食に挑戦している話を聞くことができた。
メジャー1年目の日本選手と共通する点も多い。


前日23日の巨人戦では大声で
『F●●k』と叫び、周囲を不快にさせている米国人の観客がいた。
同じ国の人間として恥ずかしい。
大リーグの球場ではすぐに警備員から注意されるか、
退場させられる行為。
開幕戦では観客席も大リーグのような
雰囲気になることを願っている。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック