日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カネやん質問コーナー
2008年03月18日 (火) | 編集 |
カネやんの『ワシの話を聞きなさい』より。
質問コーナーをお送りします。

Q)いよいよシーズン到来! ファンはどういう所に注目して
  見ていけばいいですか?

カネやん)キャンプの期間中、新聞やテレビで選手の情報を
      見たり聞いたりしたでしょう。
      それを、しっかりと自分の目で実力を確かめて欲しいね。
      特に、球場に来て見てみれば一目瞭然だから、
      プロのレベルがどんなもんで、
      新しく入った選手がどのレベルにあるかを、
      自分なりに吟味してちょうだい。


Q)今年、中学生になる プロ野球選手にあこがれる息子がおります。
  中学でやるのは軟式の野球部と硬式のシニアリーグと、
  どちらの道がベストでしょうか?

カネやん)早くボールに慣れるという意味では、硬式をやった方が
      ええやろな。
      メジャーリーグに行った松坂たちが苦労しているように、
      ボールの感覚というのはデリケートなものがある。  
      ただし、大きな意味でいえば、硬式も軟式も
      野球であることには変わりない。
  
      むしろ問題は、どのチームに入るかや。
      自分に合ったチーム、自分が思いっきり野球できる
      環境でプレーすることが、
      その後につながっていくと思うよ。


 この中学生のお子さんを持つ方の相談。
 私の先日のブログのコメントに、とてもためになることを夏海さんが
 書いて下さったので、合わせて一緒に紹介したいと思います。  




 私は少年野球や教育についてのノウハウはありませんので、
 素人の戯言程度の意見ですが。
 横浜高校は「勝利を目指す野球」で、常に次にどうすればいいかを
 体に染み付かせる野球です。
 常葉菊川は「楽しむ野球」で、練習時間も短く、
 選手の好きな練習をやらせています。
 ただ、横浜高校の選手が野球を楽しんでいないわけでもないし、 
 常葉菊川の選手が勝利を目指していないわけでもない。
 その選手にとって、何が一番大事なのか、
 ということだと思います。
 上手くならなければ楽しくない、という選手は
 楽しさを目指しても厳しい環境に身をおいたほうが良いでしょう。
 逆に楽しくなければ上達しない、というならば
 楽しめる環境の方が伸びるのかもしれません。
 指導者は、その選択肢を手伝い、
 フォローアップする立場なのではないかというのが
 私なりの見解です。
  


 足を上げるフォームですが、24日に常葉菊川と対戦する
 明豊の金沢が参考になるかもしれませんね。
 駄文&長文失礼致しました。
  

 私のブログのリンクにさせて頂いている夏海さん。
 いつも的確なアドバイスに感心させられ、勉強させてもらっています。
 本当に感謝しております。
 明豊の金沢、参考にします!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック