日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンターテイメント
2008年03月10日 (月) | 編集 |
米大リーグ、ブレーブスの練習に5日、
プロゴルファーのタイガー・ウッズが参加し、
エースのジョン・スモルツと対戦。
MLB公式ホームページによると、試合形式で3打席立った
ウッズは、2三振と四球だったが、四球後にスモルツが投げた
緩い球を中前に打ち返したとか。
ただし投手と捕手しか守っていなかったそうだが。


こんなニュースを聞くと、メジャーはこの時期でも
随分のんびりしているな、と実感する。
向こうではオープン戦はあくまでもエキシビジョン。
試合途中からは、マイナー選手ばかりになるし、
レギュラーが確定している主力は、“競争”がない分、
緊張感に乏しく、ミスも続出する。
  


00年にメッツのキャンプを取材したが、カントリー歌手の
第一人者ガース・ブルックスが参加していて驚いた。
高校までしか野球経験はないのにもかかわらず、
オープン戦にも出場、すると観衆は全員総立ちで大興奮。
彼は98年から4年間、3球団のキャンプに参加し、
オープン戦で1安打している(打席は40以上)のだが、
決して有名人の遊びというわけではなく、
参加しながらたくさんの募金も集めていた。


いくらボランティアでも日本で同じことをやったら
大ひんしゅくを浴びる。
  
『オープン戦とはいえ、生活をかけてプレーしている選手がいる』と
目くじらを立てる人も多いだろう。
せいぜい許されるのは始球式で対戦することぐらいではないか。
  



ただし、巨人戦でも1万人入らない日がある昨今のオープン戦を
見ていると、
多少の“工夫”は必要な気がする。  
参考までに当時のメッツGMは  
『エンターテイメントを提供するのも我々の大事な仕事だ』と
話していた。
   
 
                   サンケイスポーツ 『甘口辛口』より
                                  楠山正人氏
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
kuni28さん マタマタ、いい話題で思わず釣られました!メジャー級のレギュラー陣はこの時期で
良い悪いがはっきりするそうですよ!だから朝5時頃から自主トレをする選手も少なくないらしいです。ここで怠けると、1シーズン持たないらしいです。パホーマンスの件は日本とスタンスが違うので無理でしょうが!1日位そんな日があって寄付などを集める事は良い事だと思います。
この間、娘を連れて神宮のオープン戦に行きましたが只、野球を見ることしかない空間でもっと遊び心が欲しいなと実感しました。
2008/03/11(Tue) 09:32 | URL  | daiya #-[ 編集]
daiyaさん、いつもありがとうございます!    今、日本球界も『チェンジ革命』が“必要大”ですよね!   今月、東京ドームでのレッドソックス戦でも参考に、日本球界全体がファンへの感謝の意を“何を通して出きるか”、もっとファンの目線で楽しい球場作りをして欲しいです!!   プロ野球界『チェンジ改革者』にdaiyaさんと一緒に立候補したい気分ですよ、ホント・・・!!     
2008/03/11(Tue) 11:10 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック