日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年生相手に変化球投げてどうする?!
2008年02月26日 (火) | 編集 |
カネやんの『ワシの話を聞きなさい』より。  
マー君よ、もっと真っ直ぐで勝負せい!  
カネやんが、日ハム・中田との初対決で変化球を多投した
楽天・田中を叱った。
対する中田には、下半身強化と体を絞るために、
1000本ノックのススメ。
さらにはイージス艦事故の海上自衛隊にも、
カツを入れるでぇ!!!
  


カネやん)ダルビッシュがええこと言っとるよ。  
      『自分なら真っ直ぐ勝負です』ってな。  
      1年生相手に、変化球をちょこちょこ投げてどうするの。
      真っ直ぐをドーンと放ってこそ、マー君やろ。
      大きく育つためには、そうでなくちゃ。
      しょせんオープン戦なんやから、
      打たれたって関係ないじゃないの。
      本番で打たれなければいいんだから。
  

 ―三振に打ち取る前には内角に真っ直ぐ投げて、中田を除け反らせ
  ましたが・・・。

カネやん)その真っ直ぐもダメだから困るんや。  
     投げる時に体が開いとるから、シュート回転しとったやろ。
      真っ直ぐはいつでもスライダー回転して、
      内角のストライクゾーンが広く使えるようじゃないと
      いかん。松坂のようにな。
  
      マー君がそうなるためには、
      今が一番大事な時なんや。
      2年目の今年こそ、しっかりフォームを固めて
      剛速球投手のイメージを作り上げていかないと。
      スライダーが良くても勝負球が真っ直ぐじゃないと、
      投手寿命が長続きせんのや。  
  

 ―さすがに田中に対しては要求するレベルが高いですね。

カネやん)弱いチームで若い頃から投げなくちゃいけないという境遇が
      (国鉄時代に入団した)ワシに似とるからな。
      それに肩が強くて馬力もある。
      大投手になれる素材だからこそ、厳しく言うのよ。
      調子がいいときには勝つが、
      悪い時には負けるというんでは、
      10勝10敗のピッチャーや。
      20勝して2,3敗しかしないピッチャーになって
      欲しいからな。
  
      
 ―一方の中田はどうですか。

カネやん)うーん・・・。確かにパワーはある。当たれば飛ぶ。
      だけど、その前にあの体をカンナで削って絞らないと
      いかんな。
      それには古いようだけど、1000本ノックが一番や
      王も長嶋もそうやって大成したんだからな。
      足腰が鍛えられるし、肺活量も多くなる。  
     梨田(監督)は、早く優秀なノッカーを探すことやな。

 ―ということは、中田の守備位置は内野ということですね。

カネやん)いや、それはまた別問題やな。
      あの子の今のグラブの使い方じゃぁ、内野ゴロが
      イレギュラーしたらボールが顔に当たって大ケガするで。
      とりあえずは外野がええやろうな。
      足も速くなるやろうし。
      練習では1000本ノックで鍛えて、試合で守るのは外野。
      当面はこれでいけばええ。
      DH?何を言っとるの?
      DHなんて“うば捨て山”やがな。

 ―田中、中田の他にキャンプで気になった選手はいますか。

カネやん)宮崎で長嶋が褒めとったろう。
      (巨人の)坂本っていう子。
      あの子がどうなるか、気になるな。
      長嶋に持ち上げられていい気になってたら、
      この先はないぞ。褒められたことは置いといて、
      より一層努力しないとレギュラーは取れん。 
      (リハビリ中の)二岡が出てきて、本気でショートを
      争った末に『ショート・坂本、セカンド二岡』となれば、
      巨人は盤石になるよ。
  

 ―さて、最後になりましたが、イージス艦の事故について話したい
  ことがあるそうで・・・。

カネやん)昔、ワシも交通事故を起こしたことがあってな。
      調度、長嶋が巨人に入った年(1958年)のオフ、
      トラックと正面衝突したんや。
      ワシが病気のオヤジのことを考えてボーッとしとった
      こともあるが、でっかいトラックが無謀な運転を
      しおってなぁ。
      もし、ワシの車が右ハンドルだったら、この世には
      おらんかったし、記録も残っとらんかった。
      大きな者(物)が小さい者(物)を思いやる気持ちがないと、
      事故はどこでも起きる。
      それを真剣に考えないといかんよ。

 ―海上自衛隊、防衛省の組織的な問題も浮かび上がっています。
 
カネやん)悪い意味での上下関係が残っていて、上の者がいばり
      倒しとるんやろ。そういう人間達がグループを作って、
      自分の立場を守ることだけを考えとる。
      まさに官僚体質やな。
  
      戦争の時もそうだったよ。
      さらにさかのぼれば、幕末の時代にも似とるやろな。
      こういう時に、坂本竜馬みたいな人間が出てきてくれれば
      いいんだけどな。
      世の中をひっくり返してくれるような人物が登場して欲しいな。

 ―今の世の中を変えるのは、幕末より難しいかもしれません。

カネやん)君たちマスコミも、とことんやってくれよ。
      世の中がよくなるまで、徹底的に戦ってくれなくちゃ。
      そうして内部告発を呼び起こせば、内と外から組織を
      変えられるんだよ。
      これは野球界にも、どんな世界にも言えること。
      そうせんと、この国は本当に終わってしまうよ。

        
                      
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
金ヤン投手としての考えかたはいいですね
でも野村監督は捕手 出身 ここの差があるようですね カネヤンは昔の根性論 野村監督は
データ論 野村監督の野球は観るほうにとって
はわたしも いまいち おもしろくないが
弱者の戦法なのでしょうがないかな
2008/02/26(Tue) 19:15 | URL  | kiyo358 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック