日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個人よりチームを愛している
2008年02月12日 (火) | 編集 |
日本ハムの山田GMがダルビッシュのメジャーへの
ポスティング移籍を容認したという発言に、
『またか』と思った。
今オフと明言しているわけではないが、
ダルビッシュのキャリアは3年。
現状ではFAまであと6年もある。
たった4,5年で海外に移籍させれば、
日本球界の質はますます低下する。
  


今回の容認発言が、過去の他球団幹部が発言したものと
違うのは、ダルビッシュが公の場で
メジャー移籍を訴えたわけではないということ。
  
つまり間近に迫った危機感がないまま、
そう発言したとも勘ぐれるが、ただ、
『うちは選手を縛りつけるようなことはしない』という言葉が
今後、他の選手に影響を及ぼすことは考えられる。
  


その一つが井川をポスティング移籍させた阪神だ。
井川は何年も移籍を訴えていたこと。
  
当時の阪神がある程度、投手力が充実したことで、
“特例”として認めたが、昨オフ、
絶対的守護神の藤川が希望したときは、
球団幹部が口を揃えて反対した。
  
井川には“特例”が認められ、ナゼ自分はダメなのか。
藤川も納得できないだろう。
  


ポスティングほど分かりにくい制度もない。  
認めるか否かは球団の胸ひとつで、そこには明確な規定や
数字はない。
高額の落札金を求めて、あるいはその逆で
戦力的に不必要と判断し、その時々でポスティングを
認めていたら、その球団は将来の自分たちの首を
絞めているのも同然だ。
  


ダルビッシュが好きで日本ハムファンになった者もいるが、
どちらかといえば日本ハムファンだから彼も応援している
者の方が多いだろう。
個人よりチームを愛しているファンの方が多い。
それをわきまえて、各球団はもっとチームを大事にして欲しい。


        サンケイスポーツ 『甘口辛口』より
                         楠見正人氏
  


  ~日本語 日めくり より~

≪きびすを接する≫ ― 押すな押すな!

間を置かずに続いたり、次々に起こったりする様子。
人々が続々と訪れる初詣での風景などが思い浮かぶ。
願いが叶って幸せが“きびすを接して”やって来るよう祈ろう。

『きびす』は足首の下、足の裏の後部を指す。
古語の『くひびす(くびす)』が変化したものとされる。
今は、『かかと』が一般的な言い方だが、
慣用句の場合は『きびす』でないと様にならない。

『きびすを返す』は、かかとの向きを反対にする意で、
引き返す、後戻りすること。
『きびすをめぐらす』『きびすを転じる』とも言う。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック