日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直撃!注目のルーキーくん(3)
2008年02月02日 (土) | 編集 |
昨日からキャンプインしたプロ野球。
今日はソフトバンクの大学・社会人ドラフト1巡目、
大場翔太投手(22)=東洋大=。
昨年11月の明治神宮大会決勝では、早大・斉藤佑樹投手
との投げあいを制し日本一。
さらには3連続の完投勝利で“平成の鉄腕”を襲名した。
大場がこれまでに残した数々の鉄腕伝説を振り返りながら、
心優しい素顔にせまります。
  


大場を鉄腕へと成長させたものは何だったのか。
ただタフなだけではない。
そこには野球をやれる喜び、エースとしての責任感、
優勝を目指して戦った仲間たちへの思い・・・があった。
  


≪度重なるケガも成長の糧に変え≫  
 ~鉄腕伝説その1~

中学2年の秋、体育の授業で転倒し、右ひざの半月板を
損傷する大ケガ。
それにもかかわらず中学野球を引退するまで、
痛みに屈することなく三塁手としてプレーし続けた。
結果として高校入学前に右ひざを手術し、高校1年の間、
野球はできなかった。だが、
  
『あのケガで普通に野球ができる喜びを知ることができた』―。  
どんな不運だって前向きに捕らえるプラス思考。
そんな強さを身に付けた。
  


 ~鉄腕伝説その2~

右ひざのケガから復帰し、本格的に投手としてプレーするように
なった高校2年時は、エースナンバーを背負うほどの
成長ぶりをみせた。
だが、秋に新チームで初めて臨んだ公式戦前にまたも
不運に見舞われた。
試合1週間前の練習試合で、三本間の狭殺プレーに参加し
タッチの際に走者と激突し、左手首を骨折。
グラブもはめられない状態だったが、
『誰もが先発できるもんじゃない。
 チャンスを逃したくない』と医者がすすめたギブスも断り、
翌週の試合でエースの責任を果たした。
ケガの影響もあり試合は惨敗。
左手首も固定しなかったことで、可動域が狭くなる後遺症も
残ってしまった。それでも
『あそこで投げたから(3年)春の県大会優勝に
 つながったんです』と、
このケガも成長の糧にした。
  


 ≪全試合投げ抜き明治神宮大会V≫  
  ~鉄腕伝説その3~

大学4年の東都大学春季リーグ戦では9勝をマーク。
優勝がかかった国学院大との大一番は疲労の蓄積で
股関節痛に悩まされていた。
痛みで歩けないほどの状態だったが、
3-2と逆転した場面で
『(優勝は)みんなで目指したものだから』とマウンドへ。
タフネスぶりを発揮し、9回の1イニングをピシャリ抑え
優勝を勝ち取った。
  
仲間と分かち合った優勝の喜び。
このシーズンで疲労との付き合い方を覚えた大場は、
フル稼働し、秋も優勝しリーグ春秋連覇に貢献。
  
2季連続でMVP、最優秀投手、ベストナインを受賞した。
さらに明治神宮大会では全試合1人で投げ抜き、
東洋大を大学3冠に導いた。
  


 ≪先発ローテ守り新人王&日本一≫  
  ~鉄腕伝説は続く~

“鉄腕”の名を引っさげて挑むプロの世界。
今季の目標は『1年間先発ローテを守ること』と
キッパリ言い切った。
鉄腕は投げ続ける。
その先には新人王、そして03年(当時ダイエー)以来、
5年ぶりの日本一が待っている!!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック