日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしも松井秀が『右打ち』で『高校から渡米』していたら・・・
2008年01月16日 (水) | 編集 |
 例年通り、年末年始を故郷の石川・能美市で過ごした
 松井秀は、実家近くの温泉地で家族とともに
 新年を迎えた。
 『初夢は見たかもしれないけど、覚えていないなぁ』と
 首をかしげるゴジラから昨年、
 別の夢の話を聞いたのを思い出した。


 『おれ、野球に関してもしも・・・だったらと思うことが
  2つあるんだよね』―。
 こう切り出した松井秀は
 『もし、右打者だったら俺はどうなっていたんだろって
  考えるんだ』
と続けた。
 

 元々は右利きで右打ち。
 だが子供時代にやった“三角ベース”であまりにも打ち過ぎる、
 という理由で友人に無理やり左打ちに変えさせられてから、
 現在に至るまで、
ずっと左手の使い方に悩んできた。


 『どうしても利き手ではない左が弱い。
  右打者でうまくいく保障はないけれど、あれこれ考えずに
  使えるし、力もある。
  左よりいいバッターになっていたかも・・・』―。
  


 確かに打撃練習中、たまに見せる右打ちでは、
 左に負けないくらい強い打球を飛ばす。
  
 だが、私の
 『今からでも右に変えたら?』という言葉は軽く受け流され、
 2つ目の夢を語り始めた。  


 『高校からアメリカに来ていたらどうだったかな、
  とも思うんだ。
  おれがプロに入ったときはまだ、そんなこと夢にも
  思わなかったけれど、今の時代で高校生だったら
  真剣に考えたかもしれない』―。
  


 その他大勢に埋もれてマイナー選手で終わったかもしれないし、
 すぐに順応して今よりもスケールの大きい打者に
 なっていたかもしれない。
 どちらの夢の話も興味深かったが、
  
 まだ間に合うのは右打ちゴジラ。  
 本格的に試してみたらいいのに、
 と思うのは私だけだろうか・・・?  


           サンケイスポーツ『アナザーストーリー』より
                                 阿見俊輔氏
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
kuni28さん こんにちは!岩村さんも本当は
右利きだと思います。(食事やゴルフは右なので
沖縄の自主トレでも1打席は右で打ちます。
2008/01/17(Thu) 09:58 | URL  | daiya #-[ 編集]
daiyaさん、こんにちは。  年賀状には右打ち打者で写真に納まっていましたよ。  貴重なショットだったようで・・・。   左打ちにした由来・・・知りたいです!!
2008/01/17(Thu) 10:58 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック