日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新リーグの挑戦(下)
2007年12月15日 (土) | 編集 |
 『選手一人一人と県民が向き合う球団、全敗しても県民に
  愛されるチームにしたい』―。

 福井ミラクルエレファンツの清水昌勝・設立準備室代表は
 今月2日、福井市内で開いた記者会見で、
 『地域』『県民』という事場を何度も繰り返した。  
 北信越BCリーグは、来季、福井と群馬ダイヤモンドペガサスが
 加わり、名将を『BCリーグ』と改め、6球団体制となる。


 両球団が参入理由に挙げたのは、リーグの
 『スポーツを通じた地域活性化』とう理念に共感したこと。
  
 福井の清水代表は、
 『野球で地域貢献し、人口80万の地方でも球団経営が
  できるビジネスモデルを作りたい』
と語った。
 また、群馬の糸井丈之・球団設立準備委員会代表は、
 学習塾と連携した、勉強と野球が両立できる『野球塾』で
 地方の子供たちを育成する構想をぶち上げた。


 リーグは来季、『北陸』(富山、石川、福井)と
 『上信越』(長野、新潟、群馬)の2地区制を導入。
 年間72試合の半分を地区内で行い、
 地域内チームの対戦を増やして、さらに地域密着を進める。


 リーグ運営会社ジャパン・ベースボール・マーケティング
 (新潟市)の村山哲二代表は、
 『隣県同士の対抗意識やライバル心が、選手のプレーや
  集客にプラスに働く』ともくろむ。
 今季の首位攻防戦、石川ー富山戦で、リーグ最高の入場者
 8539人を記録したことを念頭に置いての発言だ。
  
 
 だが、信濃グランセローズ(長野)の施設応援団
 『レッドセローズ』の団長として、富山への応援ツアーなども
 企画した高校3年生永井敏喜さん(18)は、
 『初年度1,2の石川、富山と違う地区になるが、
  地区間で実力差が出ないだろうか。
  強いチームと戦ってこそ、観客も盛り上がるのに

 と心配する。



 四国アイランドリーグ(IL)にも来季、福岡レッドワーブラーズと
 長崎セインツが加わり、
 『四国・九州IL』としてスタートする。
 四国4県の人口は約400万人。
 6県に広がると、市場規模は一挙にBCリーグ6県分を
 上回る1000万人を越える。
 四国・九州IL事務局では、
 『スポンサーを見つけやすくなり、球団への分配金も増える』
 とスケールメリットに期待をかける。
 また、BCリーグと異なり、地区割りせず、6球団でカードを
 組むことから、
 『対戦がバラエティーに富み、試合内容も魅力が増す』
 (事務局)とみる。
  
 不安材料は、遠征費や選手の負担増だ。
 四国4球団は来季の遠征費を約400万円増の
 約1000万円と試算。
 
 四国での試合が多くなる長崎は約2000万円と見込む。
 移動時間も悩みの種だ。
 愛媛の選手は今年4月、徳島県鳴門市でナイターを
 終えた後、翌日にデーゲームがある松山市へ帰った。
 バスが着いたのは午前1時過ぎ。
 3年目の副西太志内野手(25)が、
 ユニホームを洗って床に就いたのは午前3時。
 それでも午前9時には球場へ入った。
 福西選手は、
 『慣れてきたけれど、体調管理が大変』とこぼす。
 九州から一番遠い、徳島から長崎市への移動はバスで
 11時間もかかる。  


 愛媛県出身のスポーツジャーナリスト・二宮清純さんは、
 『リーグが拡大すれば競争は激しくなり、
  選手の成長にもつながる。
  米マイナーリーグも、過酷な条件に耐えた者だけが
  大リーガーになっている』と、
 選手にエールを送る。


 BCリーグは、福島にも参入を呼びかけており、九州では、
 独自リーグの発足を目指す。
 2地区制に踏み切るBCリーグと、
 『大地域性』に乗り出す四国・九州IL。
 来季のそれぞれの取り組みは、拡大する独立リーグの
 将来を見通す試金石になる。


 
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今日でこのブログを開いてからお陰様で1年が経ちました。   このブログを通して、たくさんの方々から励ましのコメントや勇気付けられるお言葉など・・・。   出会うことの出来ない方とも出会えて、たくさんの貴重な経験をしました。   息子もこの1間、小1から野球を始めて、初めて壁にぶち当たった貴重な期間でしたが、私のブログで、皆さんからの励ましの言葉を息子が目にし、『頑張らなきゃ!!』と何度も勇気付けられ、ブログで救われたことも何度もありました。  “ひとりじゃない”と。   これからの1年は、息子にとっても私にとっても忙しくなりそうです。   結果を求められている位置に立つので、この冬が春に向けての正念場となりそうです。   焦らず、でも前を見据えて一緒に頑張りたいと思っています。   今後とも末永く宜しくお願いいたします。   
2007/12/15(Sat) 22:34 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック