FC2ブログ
日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
7年7つのイチローShort Story(3)
2007年11月25日 (日) | 編集 |
 ≪2005年 徹底したルーティン≫
  ―サンフランシスコで珍しくイチローが見せた狼狽(ろうばい)―

 イチローが狼狽していた。
 あれほど慌てふためいたイチローを見たのは初めてだった。
 2005年の開幕直後、サンフランシスコへの遠征に
 出た時のことだ。
 イチローには遠征先での試合前の昼食、試合後の夕食
 ともに行きつけの店があり、必ずそこで食事をする。
 サンフランシスコでの昼食は決まったイタリアン・レストランに
 出向いて、毎回、チーズピザを頼む。
 その日もイチローはいつものようにホテルを出て、
 ブラブラと歩き始めた。
 ところが、ずいぶん歩いたのにその店が見つからない。
 『あれ、行き過ぎたかな』
 すぐに引き返したが、やはり店はない。
 よくよく確かめてみると、あったはずの場所にはガランとした
 空き店舗が残されていた。
 店が潰れていたのだ。
 じゃあ、隣の店に、というほどコトは容易ではない。
 イチローにとって、食事は体のためというより、
 心のために重要なファクターなのだ。
 どこでもいい、というわけにはいかない。
  

 とはいえ、試合前に新しい店を探すほどの時間はなかった。
 イチローのルーティンは、試合開始の時間から逆算して
 緻密に組み立てられている。
 決まった時間までに昼食を終えられなければ、
 球場に入るのも遅れ、予定していた準備をこなせなくなる。
 だからイチローは狼狽した。
  

 そんなことで、と笑われるかもしれない。  
 しかし、イチローがこれほどのペースで
 ヒットを量産できるのは、
 “そんなこと”にこだわって、緻密な準備を積み重ねて
 きたからだ。
  
 シーズン中には常に試合開始の時間から逆算して、
 生活のリズムを作る。
 その結果、余計な気負いもプレッシャーも感じる事無く、
 “普通”の状態でグラウンドに立つことができる。
 そのために、決まったお店で昼食をとることは、
 イチローにとっては大事なことなのだ。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
結果報告遅れましたが、今シーズン最後の大会(M大会)見事優勝を果たしました。  今月T市長杯以降、3つの大会が組まれていて、残念ながら2つの大会は準優勝に終わり、最後なんとか優勝で締め括りたいと意気込んだ結果、最高の形で今シーズンを終わらせることができました。   勇汰のスランプも徐々に明るい兆しが見え、来シーズンにつながる結果を出すことが出来ました。   本当に長いシーズンでした。   そしていよいよ来年に向けて新体制が始まります。  今シーズン悩み苦しんだ経験が、必ずいい形で表れると思います。   祝勝会の際には、監督・コーチ陣より温かい励ましのお言葉を主人が頂き、来シーズンに懸ける意気込みを ひしひしと感じ取ったと主人は話してくれました。  必ずやってみせます。   今シーズン以上の結果を出せると確信しています。     
2007/11/27(Tue) 18:21 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
kuni28さん おめでとうございます。来年に繋がる締めくくりで
良かったですね!又春の大会今度は家族揃って応援に行きますので
頑張ってください。悩んだ時は開き直るのも大切です。
楽しんで野球をしていれば、気が付く事も多いはず!
悩んでいると見える物も見えなくなってしまいます。
来シーズンが楽しみですね!
2007/11/29(Thu) 17:43 | URL  | daiya #-[ 編集]
daiyaさん、激励コメントありがとうございます!!    もう、新体制で来シーズンが始まっています。   勇汰も今シーズン、悩み苦しんだ経験が来シーズン必ず実を結ぶと信じていますし、私達は必ず結果を出してくれると確信しています。    それだけ苦難が多かった年でした。  『何事も苦難が基礎になる。  だから歯を食いしばって頑張れ』 ―
 “何苦楚魂”を実感した1年でした。
2007/11/30(Fri) 11:10 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック