日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デーブ・大久保 お腹いっぱい解析料理
2007年11月12日 (月) | 編集 |
デーブ) この度、西武の打撃コーチに就任しました。
     ユニホームを着ると、同じバックネット裏から見る
     日本シリーズも、見方が変わるものだなぁと、
     つくずく感じています。

     西武の秋季キャンプが始まりましたが、ボクは西武打線
     強化へ向けた最大のテーマとして
     『本格派投手の攻略』を掲げました。
     マウンドからホームベースまでは18.44メートルですが、
     球威のある投手を打ち崩すために16メートル、
     14メートル・・・と距離を縮めて打撃練習をさせています。
     日ハム・ダルビッシュ、中日・川上のような
     本格派エースの攻略なしに、上位復帰はないと
     感じました。
     今季の川上は球威が戻らず苦労していましたが、
     夏場以降、プレートの三塁寄りの端を使うようになって
     体の開きを修正してきました。
     CSから完全復帰していましたが、日ハムは
     『川上は絶好調だ』とイメージできていなかった
     のではないでしょうか。
     

     ボクには来季へのヒントが詰まった試合になりました。
     ダルビッシュ、グリン、武田勝・・・といった
     バリエーションに富んだ投手陣を揃えた日ハムの
     攻略法を、見つけていきたいと考えています。    

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック