日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
期待の右腕(茨城)
2007年10月14日 (日) | 編集 |
 今月行われたプロ野球の高校生ドラフトで、
 菊池保則投手(18)が楽天の指名を受け、
 1999年度まで女子高だった常盤大高(水戸市)から、
 初めてのプロ野球選手が誕生する。

 1㍍80㌢、80㌔のガッシリとした体つきの本格派右腕。
 エース兼4番打者として、同校を初めて県大会決勝まで
 導いた活躍は記憶に新しい。

 しかし、創部8年目の同校に甲子園出場経験はないし、
 全国的には無名の存在。
 ドラフト当日、指名を確約する球団はなく、
 須田武志監督は、
 『私が非力で甲子園に連れて行けなかっただけに、
  責任を感じていた。
  ほっとしている』―。
 と、感慨もひとしおだ。

 入団する楽天は今季3年目の新しい球団。
 吹石徳一・チーフスカウトは、
 『(菊池投手は)なんと言っても体が強い。
  うちはまだ若い球団で、強くはないが、
  これからどんどん強くなっていこうと思う。
  協力して欲しい』―。
 と呼び掛けた。

 菊池投手の自己分析は
 『負けず嫌いで、相手が強いほうが楽しい』。
 ピンチでも表情を変えず、とつとつとした話し方や、
 高3の夏の県大会決勝で敗れた点など、
 水戸商から阪神に入った井川慶投手(現ヤンキース)を
 思い出させる。

 県高校野球界を盛り上げた右腕が、プロの世界でも
 新興球団を引っ張っていく。
 そんな未来を期待している。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
阪神連敗悲しい
親子で野球好き幸せですね!情報通ですね、参考になります。CSは大成功でしたが阪神の投手起用に不満です。初回に失点を防ぐ為にJFKを序盤に起用して行けば昨夜の反撃も倍増した気がする。全て後の祭り、愚痴です、虎を愛すればこそ。。。。
2007/10/15(Mon) 08:05 | URL  | 不思議な不正義 #-[ 編集]
不思議な不正義さん、初めまして。  阪神ファンの方なのですね。
  うちは父が関西の出身で、子供の頃から強制的に“阪神ファン”にさせられていました・・・v-357  娘の意思は無視され・・・。    昨日の試合見ましたが、実戦から日が経ち過ぎが敗因に繋がったのだと思います。ジャイアンツも木曜日から第二戦ですが、実戦から遠のいたジャイアンツ、吉と出るか凶と出るか・・・v-292         また気軽にコメント下さいね。
2007/10/15(Mon) 14:01 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
菊池投手は、私のドラフト願望候補の一人でした。昨年夏の予選が惜しいところでした。投球センス抜群です。
2008/04/06(Sun) 02:04 | URL  | 一花 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック