日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本塁打激減 バント威力
2007年08月23日 (木) | 編集 |
 佐賀北が北九州勢として13年ぶりの快挙を成し遂げた
 今大会は、従来の投打にも変化が見られた。

 第一は、昨年、ピークに達した『打高投低』の傾向が
 弱まったことだ。
 昨夏は史上最多の60本に達した本塁打数が、
 今年は24本に激減した。
 
 その理由には、今春の選抜から甲子園大会で初めて
 導入された低反発球の効果が挙げられる。
 本塁打の減少で大味な乱打戦は減ったが、
 本塁打の魅力を観客に伝えられるスラッガーも
 少なかった。

 春は優勝校の常葉菊川がバントに頼らない強打で
 注目されたのに対し、夏は佐賀北、広陵を始めとした
 各校で“バント復活”が顕著だった。

 大垣日大・阪口監督は
 『バントこそ最高の積極戦法』と話す。

 一・三塁線の内側1㍍以内に打球を転がした大垣日大。
 準々決勝の帝京戦で、スクイズされた佐賀北の久保が
 繰り返し見せた本塁へのグラブトスなど、
 バントを巡る攻守の技術には向上が見られる。

 引き分け再試合となった佐賀北ー宇治山田戦を含め
 延長戦は最多の8試合に迫る7試合。
 2度の延長戦を経験した佐賀北と日南学園を含め、
 12校のうち10校が継投策を採用していた。

 『先発完投型』から継投を軸にした『複数投手制』が
 定着してきたことの表れで、力のある投手を終盤で
 登板させる采配が目立った。

 8強に、7年ぶりに佐賀北、楊志館、長崎日大の3校が
 入った九州勢の活躍も見逃せない。
 馬場ー久保の継投で佐賀北が優勝したことで、
 複数投手制の流れは更に強まるに違いない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
20日~昨日まで夏休み。  鎌倉へ家族で1泊2日で旅行、昨日はロッテマリーン球場へ観戦。  甲子園が佳境に入った頃の外出で、私は高校野球見たさにワンセグ携帯を購入して見ていました。  子供や義両親らには睨まれ(何も一緒に居る時くらい・・・と)、それでも喰いついて見ました。  マリーン球場に入る直前に、佐賀北の優勝が決まり、いつの間にか私の携帯の周りには人だかり・・・v-356  みんなで優勝を祝いました。  いつもは優勝校を予想できる私なのですが、今回は空振り。  それぐらい波乱の甲子園だったんですね。  個人的には今治西の熊代くんをズッと応援していたのですが、やはり、ピッチャーの継投は絶対的に必要でしたね。  この暑さに本来のピッティングをさせてもらえなかった。  3番手くらいまではピッチャー揃えておかないと。  さぁ、甲子園も終わったことだし、今週土日~また勇汰の試合も2週続けてあるので、また一緒に頑張らないと!!将来の甲子園球児育成をね!
2007/08/23(Thu) 11:32 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
kuni28さんこんにちわ! 甲子園終わりましたね!今回はレベルが
高かった様に思えます。勇汰君の試合も頑張ってください。
いわむらさんも10月頭には日本に戻ってくるみたいです。
2007/08/24(Fri) 11:37 | URL  | daiya #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック