日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楊志館 宮地監督『甲子園楽しめ!』
2007年08月18日 (土) | 編集 |
 3年生の4番吉野を挟む2年生の2人は、試合中によく
 狙い球などを相談しあうという。
 この日も『スライダー1本に絞っていこう』と
 意思統一した。
 松富(遊撃手・2年生)は言う。
 『オレが出るから、お前が返せよ、といつも話しています。
  南(ライト・2年生)はチャンスに強いですから』―。

 5回までの張り詰めたムードから一転して、
 ビッグイニングに沸き上がる楊志館ナイン。
 この攻撃の前、自身も甲子園初体験の宮地監督は
 『楽しむことを忘れてないか?』と問いかけていた。
 勢いに乗った初出場校。
 ベスト8進出に
 『実感がない。強豪校と競り合いたい』と
 笑顔がはじける松富。
 楊志館が、旋風を巻き起こしつつある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック