日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4番菊地香介、『文星の名を全国に!』
2007年08月08日 (水) | 編集 |
 今日開幕の第89回全国高校野球選手権大会。  
 第一試合に登場する文星芸大付(栃木)の主砲
 菊地香介外野手(3年)が燃えている!!
  
 1年冬まで所属した浦和学院(埼玉)から転校した
 “Uターン組”だ。

 前校名の『宇都宮学園』時代は、全国的に知名度が
 高かったが、新校名の浸透度はいまひとつ。
 『文星の名を全国に広めたい!』と、
 まずは1回戦で市立船橋(千葉)を倒し、
 88年春のベスト4超えを狙う。


 
 栃木の文星芸大付は2003年に宇都宮学園から
 校名変更された。
  
 県内随一の夏8度の出場回数を誇る栃木の強豪校として
 知られた“宇学”。
 その学校の後身だということは、全国的には知られていない。
 
 その文星芸大付に一際強い“愛”を持つのが、
 主砲の菊地だ。
  
 埼玉の名門・浦和学院に入学し、投手として活躍したが、
 チーム方針と合わず1年冬に転校を決意。
 転入生は1年間出場できない決まりの為、
 転校を受け入れる高校は少なかった。
  
 『その中で、自分の事情で転校したボクを
  迎え入れてくれた仲間やチームには
  本当に感謝しています』―。
 と話す。
  

 チームは昨夏も出場したが、2回戦負けで
 その名が広まったとは言えない。
 『4番として活躍して、上へ勝ち上がっていくことで
  恩を返したいです』―。
 
 故郷の宇都宮にUターンした転校生主砲が、
 自らのバットで“母校”の名を日本中に知らしめる!!
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック