日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初出場で準優勝!『大観衆が大きくしてくれた』
2007年08月03日 (金) | 編集 |
 山と田んぼに囲まれた、のどかな風景の中にある
 大垣日大グラウンド。
 左翼の柵では“祝・準優勝”と記された横断幕が
 選手たちを見守り、グラウンドでは選手達の
 元気な声がこだましている。

 センバツでは、初出場ながら笑顔を絶やさず、
 のびのび野球で準優勝。
  
 5試合を1人で投げきった森田くんに、
 強打でチームを支えた4番の大林くん、箕浦くん。
 日替わりヒーローも生まれ、まさに全員野球が掴んだ
 準優勝でした。
 
 『大舞台でもみんな笑顔でプレーができた。
  普段通りの気持ちでいれば、自分たちの力も
  通用するんだと思いました』―。
 とは、主将の小林くん。
 
 大舞台で輝きを増し、ナインは学校の歴史に大きな
 1ページを残しました。
  

 『準優勝して、子供達は自信を持ってプレーしている。
  大観衆は子供を大きくしてくれるんだと
  改めて思い知りました』―。
  
 と、名将・阪口監督は選手達の成長を感慨深げに話します。  

 グラウンドではどんなプレーも果敢に、積極的に。
 泥だらけになりながら、センバツでも実践した
 全力疾走と大きな声で、いざ夏の聖地に!! 
  

 『どんなピンチに遭っても、準優勝という大きな味方がいる。
  でも、過信にはならず、いつも通りの気持ちで
  戦いたい』―。

 大垣日大ナインの切なる願い、夏の頂点へ―。
 新たな挑戦は、もう始まっている。
  


 森田貴之投手(3年生)
―センバツを経験して成長したと思うところは?
森田くん)マウンドで楽しく投げられたことが大きいですね。
     技術的なことより、気持ちの面で、いい意味で
     余裕を持てるようになりました。
     でも、新しい課題も見つかったので
     今は克服に取り組んでいます。

―課題とは?
森田くん)フォームが乱れたことが多かったんです。
     それで自分のリズムを崩して、コントロールが
     バラバラになることがありました。
     5月の練習で修正に時間をかけましたよ。
     あとはスタミナ面の強化ですね。
     暑さに負けない体力をつけたいです。

―この夏はどんな夏にしたい?
森田くん)夏は注目されるぞとか、周りの方から色々助言を
     頂くのですが、自分たちはセンバツで頂点に立った
     わけじゃない。このままでは満足もしていないので、
     また挑戦者の気持ちで投げるだけです。
     今度こそ最後は笑っていたいですね。  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック