日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今治西・熊代、投打で活躍
2007年08月01日 (水) | 編集 |
 チーム初の3季連続甲子園出場を決めた。
 立役者はエースで4番の熊代聖人。  
 延長11回を一人で投げ抜き、  
 『最後は気持ちで投げた。今までやってきたことが出た』と
 達成感を口にした。
  


 打っては6回に先制犠飛、11回には勝ち越しの二塁打を
 放ち、投打で存在感を示した。
 大黒柱は
もう一度チーム一丸となって日本一を目指したい
 と初の全国制覇を目標に掲げた。  

 
 春からフォームを直してきた熊代くん。  
 『肘をしっかり上げて、上から振り下ろして
  角度のあるボールを投げるよう意識してきました』―。
  

 フォームを変えたきっかけは、  
 『センバツでは今までのやり方で通用しなかったわけ
  だから、やり方を変えなきゃいけない。
  
  センバツで大差で負けて帰ってきた時は
  みんな“はぁ~~っ”と立ち直れないくらい
  落ち込んでいました。僕も“はぁ~~”て。
  それから、とにかくもう今までの事は無しにして
  新しくスタートしようと切り替えました。
  ひとまず、それまでのフォームは置いておいて
  投げ方も打ち方もガラッと変えました』―。
  


 熊代くんのピッチャーとしての持ち味は―。  
 『周りから“すごい”とか“三振よく取るね”と
  言われるけど(笑)、できればバッターで。
  今までズッとピッチャーをやってきたけど、
  やっぱり全国の投手を見たら、僕なんて全然話に
  ならないんで。
  バッターとしては、ホームランバッターじゃないので、
  穴の少ないアベレージヒッターを目指しています。
  何より、大事な所で1本打ちたいです』―。
  


 昨夏の甲子園、3回戦の日大山形戦。
 エースの熊代くんは6回から登板し、試合は8-8で延長へ。
 延長13回表、今治西は2点を取り、勝利をつかみかけた。
 しかし、その裏連打や暴投で同点に追いつかれ
 最後はセンターフライでタッチアップ。
 サヨナラの走者がホームに滑り込むのを、熊代くんは
 カバーに入ったホームベース後ろで見ていました。
 『あの時はもう、逃げ出したいと思いました。
  とにかく先輩に申し訳ないという気持ちでした』―。
 泣きじゃくる熊代くんに、先輩たちは、
  
 『お前がおったけん、ここまで勝ってこれた。
  本当にありがとう。お前はまだ1年あるんやけん、
  また甲子園来いや』と声を掛けてくれました。
  
 
 『(昨年の4番)宇高さん(早大)とも絶対また甲子園に
  行くと約束したので、その次の日からは、しっかり
  気持ちを切り替えました』―。
 と熊代くん。
  
 今年の夏、昨年の借りを返します!!  


 ケーブルで地方大会決勝戦をチェックしましたが、
 縦に伸びるスライダーが魅力。
 個人的に昨年夏から最も注目している選手です!
 とても器用なセンスのいい選手。
 顔立ちはジャイアンツの二岡選手似。
 この夏、今治西旋風を期待したいです!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今年の春の高校野球で、注目の選手は誰ですか?今年の春の高校野球で、注目の選手は誰ですか?(続きを読む) 片山虎之助 VS 姫井由美子どっちが勝ちそうですか? 現時点は知名度の点で ...片山虎之助 VS 姫井由美子どっちが勝ちそうですか? 現時点は知名度の点で 片山氏
2007/08/16(Thu) 13:09:14 |  ニュースナビ