日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中田翔、さらば。
2007年07月31日 (火) | 編集 |
 高校野球大ファンの私にとって、1年生の頃から
 見ていた中田翔選手が甲子園に出場できないことは
 予想していました。
 というのも、どうして監督はピッチャーを他に作らな
 かったのか・・・?
 中田の一人舞台を演出したのは、監督の失態。
 (失態とは、やりそこなって面目を失うこと)
 監督采配がここに出た、と思います。
 春のセンバツだって、ホームランこそ出たものの、
 ここぞ、という場面では内野ゴロ、フライ。
 見ている人達の期待している中田の姿とは、
 “豪快なバッティング”。
 ピッチャーとしての中田は、剛速球(?)のみで
 あれでは肘、肩が壊れる。(素人目ですが)
 プロで二刀流???
 ムリ!!
 バッティングも極めていない選手が、自惚れすぎ!
 もっと足元を見て、謙虚に自分自身を見つめ直さないと
 プロでは通用しない!!そんなに甘くない!!
 桐蔭の監督も、高校での結果のみしか求めていないし、
 プロで通用する選手を、先を見据えて指導して
 いないように思います。
 辻内だって、平田だって。
 あれだけ注目されて・・・。
 プロの世界は厳しいし、もう少し謙虚に受け止めて
 これから先、期待しているし(野球ファンみんなが)
 頑張って欲しいです。
 去年の屈辱を、そして今回味わった屈辱を
 忘れないで欲しい。   

 今回息子が学んだこと。
 ①体が大きいだけではダメ。柔軟性をつける。
 ②ストレッチをマメにして、地道な努力を怠らない。
 ③今、を大切に。二度と同じ過ちをしない。
 ④全てにおいて万全の体制で準備を怠らない。
 ⑤先を見据えた、今できることを着々とこなす。 

 中田翔選手、あなたには
 『謙虚な心』が足りない。
 原点に戻って強くなってプロ野球を盛り立てていって欲しい!

      (高校野球大好きなおばさんより)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック