日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キヨの復活、信じて待つ!!他
2007年07月10日 (火) | 編集 |
 “万全な体で帰って来い!!”―。
 カネやんが、左ひざを手術したオリックス・清原和博に
 エールを送った。
 かわいい後輩の復帰条件を
 『全力疾走できること』と限定したカネやんは、
 実現することを信じて待つ。
 
 夏バテ気味の巨人、佑ちゃんの話題と合わせて
 お伝えしていきます。
              ~サンケイスポーツ 7/10付け~
 
カネやん)心配やな。ワシもいま苦しんどるんやが、
     ひざの痛みっていうのは想像を絶するものが
     あるからなあ・・・。

 ―清原のことですか。
カネやん)そうよ。痛さに耐えかねて、断腸の思いでシーズン
     中の手術に踏み切ったんだろう。
     でも、これから立ち直るのは至難の業やでえ。
     まあ、それでも“もう一度やる”というんやから
     周りはゴチャゴチャ言わんことやな。
     ワシら(OB)も批判はできん。
     静かに見守ることや。

 ―引退するという判断もあったのでは?
カネやん)(語気を強めて)だから、それは周りが決める
     ことじゃないの。清原は(宮内)オーナーから
     『1年待ってやろう』と“解答用紙”を
     渡されたんや。やるべきことは、
     全力疾走できる体を作り上げること。
     上半身をスリムにして、ひざに負担をかけない
     ような体に仕上げて帰ってこい、ということやな。

 ―ここ数年は、故障を押してプレーしていました。
カネやん)本人も辛かったと思うよ。高校1年から脚光を
     浴びて、20年以上も英雄視されてきたんやからな。
     完全に休むわけにはいかんかったんやろ。
     出たり出なかったり、ズルズルやったのが
     間違いだった。だけど、やっと思い切って休む事に
     なったんやから、しっかり治してこなくちゃ。
     そうしたらワシも『万歳』するよ。

 ―清原に対しては優しいですね。
カネやん)好きだからな。思ったことを素直に言うし、頭の
     回転が良くて面白いやろ。いばっているように
     見えるが、神経が細やかで礼儀正しい。
     どっか、ワシに似とるところがあるんだ。
     全国に何百万もいるヒザの悪い人、今後の
     スポーツ医学の為にも、是非カムバック
     して欲しいね。 

 ―金田さんにとって、もうひとつ心配があります。
  巨人が3連敗しました。
カネやん)そうなんだよ。ヤクルトとの初戦(6日、神宮)
     を見に行ったんだが、みんな疲れとったなあ。
     ただでさえ調子が落ちとったのに、そこで
     屋外の試合やろ。人工芝の照り返しというか
     熱にやられとった。普段は“スパルタ精神”の
     ワシも、あの暑さにだけは同情するよ。
     これで本当に夏バテに陥ったら、1ヶ月は
     落ち込むぞ。

 ―現役時代の経験から、なにかアドバイスはないですか?
カネやん)まずは、食うことやな。夏になるとワシでも
     食欲がわかなくなることがあったが、
     それは仕方がないことや。
     問題は、どうやって“食欲がわくようにするか”
     やな。ワシの場合だと、卵焼きに砂糖を沢山
     入れて、醤油を多めにかけて食べた。
     そうやって食欲が出てくるのを待ったんや。
     そして食欲が出てきたら、いつもにも増して最高の
     肉を食べた。
     “何をどういう風に食べれば食欲がわくか”―。
     それは、人それぞれで違うから、自分で見つけ
     なくちゃいかん。

 ―あと、冷房にも気をつけたそうですね。
カネやん)冷房を切って、長袖、長ズボンで寝とったよ。
     絶対に体を冷やしちゃいかんからな。
     枕や布団にも気を遣って、遠征先にも自分用の
     物を置いとった。とにかく、快食、快眠、快便を
     心がけること。
     今の巨人に必要なのは、技術でもなんでもない。
     元気だよ。

 ―そうなると、若い選手にも頑張って欲しい所ですが。
カネやん)今回ヤクルトが巨人に3連勝したのも、
     若い連中が活躍したからや。
     巨人にも、流れを変える若手が出てきて欲しいね。
     できれば(早大の)斎藤みたいに、運を持っている
     ヤツがいいな。

 ―そういえば、斎藤を擁する日本が、米国開催の日米大学
  野球で初めて優勝しました。
カネやん)あの子一人で雰囲気がガラッと変わるんやから
     ホントにたいしたもんやな。
     (日本代表の河原井)監督も、うまかった。
     早稲田の(応武)監督もそうだったけど、斎藤の
     存在を使って上級生をあおったやろう。
     あれが勝因やな。プロ野球も外国人監督ばかり
     呼んでこないで、こういうアマの監督を呼んで
     きた方がええで。

 ―ただし、最終戦で斎藤の“不敗神話”は終わってしまい
  ましたが。
カネやん)そんなことより気になったのは、勝った時、
     『(パイレーツの)桑田や(レッドソックスの)
     岡島を参考にした』って言っとったやろ。
     あれはイカン。偉大な先輩であろうが投手はみんな
     ライバル。参考にするのなら、黙ってすれば
     いいんだ。しかも、人前で理屈を言うのは
     まだ早いよ。桑田のことを言うのなら、
     桑田のように38歳まで投げられる体を作って
     からや。今の段階では、まだ“ラッキボーイ”。
     “ハニカミ王子”にしてもそうだけど、
     最初だけ騒がれて消えたヤツが何人もおることを
     忘れるなよ。

    
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック