日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病に死す2年前 地球上最も幸運ゲーリッグ引退
2007年07月04日 (水) | 編集 |
 7月4日で思い出すのが、ルー・ゲーリッグの感動的な
 シーンです。
 ヤンキース第一期黄金時代にルースと史上最強の
 3,4番コンビを組み、2130試合連続出場を続けた
 『アイアン・ホース(鉄の馬)』。
 ところが38年頃から筋萎縮性側索硬化症という病魔に
 侵され、39年5月に自ら申し出て連続出場にピリオドを打ち
 引退しました。
 この年の独立記念日に、本拠地ヤンキースタジアムに
 約6万2千人の大観衆を集めて、
 『ゲーリックデー』が盛大に催されました。

 史上最強とうたわれた27年当時のメンバーが勢ぞろい。
 4年前に現役引退したルースの顔もありました。
 ゲーリックは、
 『この地球上で最も幸運な男です』
 という名言を残し、栄光の背番号『4』は
 ファンに別れを告げました。

 それから2年後、鉄人は37歳の若さでこの世を去りました。
 彼の命を奪った病は
 『ルー・ゲーリッグ病』とも呼ばれています。

           大リーグ研究家 福島良一氏
                『新雑学ノート』より 

 岡島に清き一票を!!
 米大リーグ公式ホームページへ!!GO~!! 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック