日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交流戦 日ハムの快進撃 高田GMの凄さ
2007年06月11日 (月) | 編集 |
 400勝投手カネやんの『ワシの話を聞きなさい』より
 日ハム快進撃の立役者・高田(GM)の凄さを今回は
 取り上げてみます。

カネやん)グリンという投手もよかったな。
     ヒルマン監督も優秀なんだろうが、
     グリンを楽天から獲ってきた高田(GM)が偉い!!  
     小笠原や新庄が居なくなっても勝っているんだから
     これは高田のチーム作りが優れているからですよ。

 ―巨人時代、高田さんと仲が良かったんですか。
カネやん)そんなのは関係ないよ。アイツはああ見えて
     えげつないことを言うんだ。
     何を言ってもへのカッパ。
     その口の悪さがあっても、北海道で築きあげたことは
     たいしたもんだということよ。
  
     選手を見る目があるし、経験も豊富。
     GMとして適任なんじゃないかな。
  
     これからは、こういう野球経験者がGMにならないと
     チームは滅びる。
  
     これまでフロントに入った野球経験者の中には、
     ブローカーまがいのことをして金儲けをする奴が
     多かったからな。
  

 ―日本ハムとは反対に、いつもは交流戦で強い阪神が
  沈んでいますが。
カネやん)だからこれもフロントなんだよ。先発で1試合
     任せられる井川がいなくなったやろ。
     完投できる投手がいなくなると、3試合分くらい
     影響が出るもんなのよ。
  
     出て行くのを許可したのは球団なのに、なんで
     代わりを獲ってやらないの。
     これじゃあ、岡田(監督)がかわいそうだ。
     責任はフロントにありますよ。
  
     現場に対してブツブツ言う資格はない。

 ―ポスティングの影響という意味では、岩村がいなくなった
  ヤクルトも苦しんでいます。
カネやん)かつて引退した長嶋が、自分がいなくなった巨人を
     監督して最下位になっただろ。
     いまの古田(兼任監督)は、まったくそれと同じ
     状況なんだ。自分がプレーしようにも、もう衰えて
     いるから、ずっと出るわけにはいかん。
  
     つまり、大黒柱がグラウンドにおらんということや。
     おまけに岩村までいなくなって・・・。
     これで勝てという方が無理なんや。
  

 ―そんな阪神とヤクルトに、何か打開策はありますか。
カネやん)とにかく、若い先発ピッチャーを作ることやな。
     例えば阪神なら藤川。ワシだったら先発に
     持っていくがな。楽天のノム(野村監督)を
     見てみい。若いヤツをどんどん使っとるうちに、
     チームも勝つようになっただろう。
     プロ野球も若返りができないと、勝ち負けだけじゃ
     なく、人気もテレビの視聴率も上がっていかないよ。
  

 毎回、バッタバッタとカネやんの鋭い切り口で好評(?!)の
 このシリーズ。
 とても楽しみにしています。
 カネやんのHPにも注目して下さい!
 http://www.kanedamasaichi.jp
 往年のプロ野球選手たちが、神技・経験などを
 公に伝える事の出来るTV番組などが放送されると、
 面白いと思うし、野球の奥深さを人々に伝えていって、
 野球を見る“楽しさ”を知らしめてくれるのでは―。
 個人的にそんな番組が出来ることを願っています。
 
            
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック