日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大輔、死球生かせ!
2007年04月24日 (火) | 編集 |
 ~今日の『カネやん、ワシの話を聞きなさい!』より~

 怪物のピッチングに対して物申す!!
 ヤンキース戦で2勝を挙げた松坂の分析から
 ヤクルト・古田敦也兼任監督の退場劇、
 首位に立ったジャイアンツに至るまで―。
 カネやん節が炸裂します!!


 ―最後までハラハラしましたが、松坂が2勝目を挙げました。
  それにしても、肝心のピッチングは余り良くなかったですね。
カネやん)松坂らしい“キレ”がなかったねぇ。
     さかんに屈伸運動をしとったが、相当下半身に
     疲れがきとるなぁ。
     体も重そうだし、まだ中4日のリズムに乗ってないな。

 ―それでも『1億ドルの男』としては、休むわけには
  いかないでしょう。
カネやん)これから遠征が多くなって時差ボケも出てくるし
     普段の生活からして大変になってくる。
     向こうの選手は夫人を連れて行っていいんだろ。
     一人でホテルに居ると必ず気が滅入るから、
     夫婦で一緒に過ごすことやな。

 ―それが一番ですね。精神面はいいとして、技術面は?
カネやん)松坂はステップする時足をドンと地面につくだろう。
     あれだと、向こうの粘土質のマウンドでは
     スパイクがグッとはまって、左足首がうまく
     回らないんだ。 それで、ジーターやロドリゲスへの
     内角球がスッポ抜けた形になって、
     ぶつかっちゃったわけよ。 アメリカでは
     すり足気味にステップした方がいいな。
  

 ―ただ、結果的には最初の死球がその後の攻めに生きました。
カネやん)そうよ。ロドリゲスほどのバッターでも、
     ぶつけられると怖いわけだ。
     あの後はスッカリ腰が引けとったからな。
     松坂の持ち味は“荒れ球”なんだから
     これからも、2,3個ぶつけるつもりで
     攻めることやな。
  

 ―“ぶつける”といえば、先週は古田兼任監督が危険球
   がらみで退場になりましたが。
カネやん)それだよ!!今回言いたかったのは!!
     2度目の頭に当たったヤツ、あんなもん危険球でも
     なんでもないぞ!カーブのすっぽ抜けに対して
     こともあろうにバッターが頭を出して来よった!
     あれを危険球だという審判は辞めた方がええ!

 ―死球を招いた側も悪いとして、古田監督が退場になった
  理由は暴言でしたが。
カネやん)何が暴言なんだ!「(審判に)敬語を使え」とか
     言ってきたんだろ。なんで監督が抗議するのに
     敬語を使わんといかんのよ?
     それに審判は言葉を返してきちゃいかん。
     ワシも監督の時に審判から
     「それは暴言になりますよ」と言われて
     「何が暴言だ、バカ野郎!」と言って退場になった。
     これは“売り言葉に買い言葉”ですよ。  

 ―8度退場になっている金田さん。さすがに審判には厳しい。
カネやん)もっと野球経験豊富な人を選んで、徹底的に鍛えて
     給料も上げてやればいいのよ。
     言葉尻をつかまえるような審判はいらん!
     権力を笠に着やがって。
     警察じゃないんだからな。
  

 ―先週もうひとつ大きな話題といえば、金田さんの愛する
  巨人が首位に立ちました。
カネやん)阪神にサヨナラ負けした後、2連勝したからな。
     あれはナンでか分かる?
     初戦で豊田が打たれた時、『今後も使うか』と
     聞かれた原監督が 『本人がメゲない限り』と
     答えたのが良かったよ。
     タツノリもここまで来たか、とワシは感動したね。  

 ―というと?
カネやん)わからんか?あれで選手はみんな「前向きに頑張ろう」
     と思うだろ。 
     どんなに打たれても、1日経てば次の試合がある。
     一夜明ければパッと切り替えて、全く新しい試合に
     入っていく。
     それが野球のいい所ですよ。
     タツノリのあの言葉で豊田は救われ
     チームも一丸になったしね。
  

 ―ただし豊田はあの後、登板していません。
カネやん)確かに調子は良くないな。しばらくは登板を控えて
     一度しっかり投げ込ませた方がいいかもしれんな。
     開幕から「(リリーフに)出そうで出ない」
     便秘状態が続いていて、ストレスが溜まっとった
     だろうし、精神的にスッキリさせた方がいい。

 ―ちなみに金田監督であったらサヨナラ負けした後の
  豊田に何と声を掛けましたか?
カネやん)それはあり得んよ。ワシなら負けるまで
     続投させとらんから・・・。
     タツノリには、それはできんのだろうが、
     それならそれでコーチにブルペンの管理を
     きっちりさせることだな。
  
     あんなに調子の悪い豊田の情報が
     監督に届いていないのは大問題。
  
     そこを解決すれば、今年の巨人は
     ものすごく強いチームになるよ。
     
    
    
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック