日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手抜きしない
2011年09月07日 (水) | 編集 |
昨年のキャンプで交流したハンマー投げの
室伏広治(ミズノ)が、世界陸上で金メダルを
獲得した。
同い年でお互い故障を克服したトップ選手として、
『トレーニングと節制の成果。すごい』
と感慨を持った。

ただ、そのまま自分の励みにするには、
住む世界が違う。
団体競技の野球なら、個人がトップでなくても、
チームに貢献し、喜びが分かち合うことが
できるからだ。
しかし、今季のアスレチックスは4日現在、
首位から15.5ゲーム差の地区3位と優勝は絶望的。
伸び悩む自分の打撃にも、責任の一端はある。


大リーグでこれほどプレーオフから縁遠い9月は初めて。
その分、アピールに懸命な若手の姿が目に付く。
1番打者で打率が3割近いウィークスや、
大砲候補のアレンらに、
『自信をつけて欲しい。来年が楽しみ』
と目を細める。


1993年。
自身のプロ1年目も、
巨人が優勝戦線から遠ざかり、終盤は長島監督に
3番で起用され続けた。
『あの時は本当に毎日必死だったし、楽しかった。
 今の彼らもそうだろうし、
 いい結果につながっているんだろう』―。


雑な守備など気になる点はある。
『しっかり走るとか守備のカバーとか、
 手を抜かない習慣は今つけないと』―。
一流への基盤をしっかり築いてほしいと願う。


では自分はどうか。

先週のインディアス戦で、7月末にカブスから移籍した
福留と会い、
『生き生きしている。プレーオフ争いはいいな』
という気持ちは抑えられなかった。
選手の幸せはやはりそこにある。


一方、こんな時こそ
『プロフェッショナルとしての使命を全うする』と、
例年以上に強く意識もした。
この数年、優勝争いと縁がないチームで、
『それに悪い意味で慣れるのが一番よくない』―。
日々、勝つための準備と打席を続けるだけだ。


『来年も大リーグでやりたい』と思う自分のために
個人成績に走ることも、
逆に流したプレーもしたくない。

『「今日はいいや」なんて気持ちでやったことは一日もない』―。
少年時代からずっとそうだった。


先週のある試合、好機にファウルで粘る味方に、
ベンチから一人だけ拍手を送っていた。
プロとしてどんな試合も手を抜かず勝利を目指す。
『選手として最低限。
 それを失ってしまったら、金をもらっている資格はない』―。

これ以上、重い答えはなかった。


         読売新聞 2011 松井秀喜  より

                   
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
手抜きをしないんだけど、自分の分もわきまえてないと背伸びしすぎでは、しんどくて続きません。その折り合いだと思います。松井やイチローと同じレベルなのか、アマチュア止まりなら、アマチュア向きの練習方法が適切です。ソフトバンクの王さんは、数年前そういうコメントをしています。
2011/09/20(Tue) 21:51 | URL  | 一花 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック