日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青木 新バットで逆襲 
2011年07月12日 (火) | 編集 |
≪タイ・カッブ型≫

ヤクルトの青木が、バットの改造に乗り出した。
大リーグで12度の首位打者に輝いた
“球聖”タイ・カッブが発案したことで知られる、
グリップが円錐状に太くなったバットの導入だ。
『タイ・カッブにするのは初めてですね。
 ちょっと最近、バットを軽く感じていたので。
 試してみようと思っています』―。

交流戦は打撃フォームのバランスが崩れ、
打率.253と低迷。
その中で、最終カードのロッテ戦(6/18,19)で、
4年目内野手の三輪のタイ・カッブ型のバットを借り
6打数3安打。
これで“刀替え”を決断した。

これまでの型よりグリップが太くなる分、
重さは10㌘増の920㌘。
青木が新兵器で復調のきっかけをつかむ。


~若さんのツバ目線~

勝率5割で乗り切ってほしかった交流戦だったが、
借金2で終わった。
序盤のリーグ戦で好調だった打線は、
パの強力投手陣に圧倒されてしまったね。

交流戦のチーム打率は.229で、総得点は12球団中、
11番目の57点(1試合平均2.38点)。
これでは波に乗り切れない。

青木が打率.253(95打数24安打)と苦しんだことも、
その要因のひとつだろう。

構え方からして本来の姿ではなかった。
かがみ込んで尻が一塁側に突き出る形になり、
かかとに体重がかかっていた。

結果、腰が引け、泳いで手打ちになってしまう。
さすがの青木も本来のスイングができなければ
納得いく結果を残せない。

ポイントは2つ。
背筋を伸ばし、両足の親指に体重を乗せることだ。
そう構えることで、下半身主導の振り切るスイングが
可能になる。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
一段落・・・
県南総体も無事3位に終わり、
上位4チームが25日からの県総体に
駒を進めます。
準決勝では、7回0-0で決着つかず、
ノーアウト満塁のサドンデスで
0-1で敗退。
3位決定では余裕で勝ち3位入賞。
優勝できたであろう実力を兼ね備えているチームでしたが、
ここぞ!というところでチャンスを棒に振り
敗退しました・・・。
勇汰も相手投手サウスポーには手こずり、
球の出どころも分かりにくかった、というのもあり、
苦戦したようでした。

県総体では、なんとか勝ち上がり、
関東大会出場を決めたいと、
みんなの気持ちが固まり前へ進み始めています。

〇〇選抜チームの方は、日曜日に紅白戦が行われ、
勇汰は9番ショートで先発出場。
手応えを掴んできたようです。
16,17日は選抜の県大会(リーグ戦)で
私たち夫婦は店を17日閉め、応援に行きます。
首脳陣の方々への挨拶を兼ねて。
どこで出して頂けるか当日、
メンバー発表されるようですが、
少ないチャンスを上手く活かして欲しいと
願っています。

まだまだ勇汰の夏は終わりません!

2011/07/12(Tue) 10:10 | URL  | くにくに #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック