日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
独自の進化15年目
2011年06月13日 (月) | 編集 |
読売新聞 『挑む (中) 』 ~小笠原道大~ より


娘に細心の携帯型デジタル音楽プレーヤーを薦められ、
買い求めたはいいものの、
あまり活用せずに手放してしまった。

『機能が多すぎてねえ。ちょっと昔の、
 音楽が聴けるだけのヤツで十分なんだけどなあ』―。

今年の秋で38歳。
老け込む年齢でもないけれど、
小笠原の発する“香気”は、『サムライ』の印象も手伝って、
どこか時代めいている。


もっとも、セ・パ両リーグで最優秀選手に輝き、
通算2000本安打も達成したスラッガーは、プロ15年目。
選手として客観的に判断するなら、
明らかに『ベテラン』だ。


背番号2の打撃フォームが、数年前と比べて変化していることに、
ファンも気付いているだろう。
肘は伸ばし気味で、グリップの位置は体から離し、
バットは外向きにグンと倒す―。

いわゆる『神主打法』の構え方は、長い間、
小笠原のトレードマークの一つだった。
ところが、近年、肘はたたまれているし、
バットの角度は垂直か、むしろ内側へ傾いているぐらい。
球界屈指の左打者に一体、何が起きたのか。


『無意識っちゃあ、無意識に変わったかな』と
小笠原はつぶやく。

『最初は(バットが)立っていたと思う。
 3年目か4年目か、そのあたりから次第に(構えが)
 大きくなっていった。
 スムーズに振れる位置を探して、自然に。
 今も、意図してるわけじゃない。
 そういう体だってこと。
 バランスや仕組みという意味で』―。


謎解きのような説明なので、同じ『神主打法』で活躍した
巨人のコーチ・江藤智(41)に継いでもらう。

『長くやっていると、
 出来るだけシンプルな形にしたくなるんだよ』―。

つまり、加齢に応じて打撃の効率化を進めるため、
小笠原の構えは小さくなったらしい。


どう水を向けられても、絶対に『衰えた』と口にしない。
実は昨夏、こんな言葉を漏らしている。

『体力が落ちたからとか、痛んでるとか、
 そう考え始めたら、きった現実になる。
 だから、マイナスなことは自覚しない。
 「ベテラン」だなんてね、
 オレは認めないよ」―。


アスリートは、いつまで進歩し続けるのか。
『体力、技術、知識、その比率は状況によっても
 人によっても違うけど、
 ずっと「うまく」なっていくと思う』と、
小笠原の答えは明快だ。
ただし、条件がある。
『その気持ちさえ、保っていられるなら』―。

歯切れの良いセリフ、鋭い眼光、引き締まった肉体に、
若々しさがにじむ。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
試合結果と・・・
H杯・・・残念ながら4-6で敗退。
準優勝に終わりました・・・。
結果論ですが、勝てた試合でした。
いわゆる“自滅”で・・・。

勇汰はチームの為に貢献し、
自分の仕事は率なくこなしていました。
(一つエラーがありましたが・・・)
守備では背面キャッチも決め、
観客席がどよめきました。
バッティングも4打数2安打、
レフトへの強いライナー制のアウトも
本人の中では一番手応えのあった
バッティングだったそうです。

そして試合終了後、顧問の先生より
県南選抜メンバーへの召集がかかったことを聞かされ、
早急にユニホームなどを揃える支度を始めるよう伝達されました。
この時期に召集が掛かるのは異例らしく、
しかも県南選抜監督からのオファーではなく、
県選抜の監督や関係者が、
前回のT杯での勇汰のバッティングを見初め、
今回わざわざ足を運び視察を兼ね
大会に訪れたそうです。
何度か県南選抜の監督も、学校に足を運ばれたり、
大会も視察したらしいのですが、
たまたま調子が悪く、タイミングも悪かったようですが、
今回決勝戦で対戦した監督も、
将来性を買って下さったようで、
前回大会でも
『何であの子が選出されなかったんだ!』
とまで言わせたそうです。

何はともあれ、普段からの野球へ取り組む姿勢が、
今回の大会で認められたのだな、と
努力を惜しまず直向きに練習に取り組む
勇汰の純粋な気持ちに
これから、更なる進化を遂げて欲しいと
親として願っています。

ここからがスタート。
勇汰の目標は、
総体でチームみんなで県大会優勝、
全国を目指し、
県南選抜チームではレギュラーを目指し、
全国でお披露目できるようにしたいそうです。

このブログを立ち上げた際に目標としてきた
『甲子園を目指す子供に育てたい!』
という気持ちが、日増しに現実化しつつあります。
『育てる喜び』は毎日、毎日の積み重ね。
その毎日を大切に育みたい、記録に残したい・・・
そう願って開設したブログ
『一緒に育てよう』です。

凡人でも努力を惜しまず、
真剣に子供と向き合っていけば
親の心は必ず子供にも伝わります。
その延長上に夢が現実化すると確信しています。

今後も夢を現実に結び付けられるように
このブログを通してお伝えしていけたらいいな、
と思っています。
2011/06/13(Mon) 11:39 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
すごいですね。おめでとうございます。中学野球小僧あたりに記載されるかも。

記事の小笠原選手のように積み重ねです。
ドラフト候補になったら、私のブログにコメントして欲しいな・・・。
2011/06/13(Mon) 21:02 | URL  | 一花 #-[ 編集]
一花さん、こんにちは。

いつも一花さんからのコメント、
勇汰も私も楽しみにしているんです。

一花さんのブログに名前が取り上げられるように・・・
というのが、勇汰の目標(!!)です。
そうなれば一人前(?!)・・・の
プロ野球選手になれていますかどうか??

ただ、まだまだ始まったばかりです。
これから学ぶことが益々多くなってくるでしょう。
選抜に選出されても、困難、苦難、挫折も多々あるでしょう。
その中で成長していった先に目標が達成されれば、
また一つ、ステージをクリアしたその先に
親が誇れるプロ野球選手になっていたら・・・
と、親は強く願っています。

恐れ多くもまだまだ、一花さんのブログなどには・・・

今後とも末永く応援願います。
2011/06/17(Fri) 11:09 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック