日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
困難な状況
2011年05月04日 (水) | 編集 |
福島第1原発から直線にして3㌔。
福島県双葉町にある県立双葉高校は“原発に最も近い高校”で、
この野球部は夏の甲子園大会に過去3回出場した
文武両道の伝統校としても知られる。
3回目となった94年は準優勝した樟南(鹿児島)に
3回戦で敗退したが、グリーンを取り入れたユニホームで、
校名を強く印象づけたものだ。

原発事故で町はゴーストタウンと化し、
学校は県内の喜多方高に仮事務所を開いた。
生徒の半数は磐城高、福島南高など県内5校が協力する
サテライト式で、5月9日から分散授業を受ける。
学校自体、地震と津波による被害は少なく部員たちが
『練習は続けられる』と思った直後に襲った“人災”だった。

10人いる3年生は、
『できるだけ1ヶ所に集まろう』と最後の夏に向けて結束し、
なんとか7人が磐城高で授業を受けることになった。
3人の2年生を加え目下13人で再開を目指している。
『用具は何もなく、各自で体作りをしている。
 みんな野球をやりたいだろう。
 歯がゆさでいっぱいだ』と田中巨人監督(37)は話す。

高校野球は各都道府県で春季大会が真っ盛りだが、
福島、宮城は中止になった。
同じように甚大な被害を被った岩手県は、
『中止した場合の沈滞ムードを避けたかった』と
今月19日から予定通り開くが、6月に宮城県で予定されていた
東北大会も中止が決まっている。

東京電力によると、原発事故収束に6~9ヶ月かかるという。
道は果てしなく遠い。
『町を元気づけるためにも夏は出る。
 しかし、来年以降を思うと・・・』と
田中監督は声を詰まらせる。

甲子園出場という何よりも貴重な経験を糧として、
何とかこの困難な状況を乗り切って欲しい。


            サンケイスポーツ 『甘口辛口』より
                       今村忠氏
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック