日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロ野球界選手会の見識
2011年03月19日 (土) | 編集 |
プロ野球選手会の見識に、うなずいた人は多かったろう。
公式戦開幕延期を主張するパ・リーグに対し、
復興の後押しをしようと25日開幕にこだわるセ・リーグ。
12球団による15日の実行委員会は結論が出なかったが、
新井選手会長は、
『余震が続き、被害が拡大している状況では延長すべき』
と訴えたという。
その通りだ。

『被災者を勇気づけたい』というセ・リーグ側の主張は
分からなくもないが、
被災地の人たちはプロ野球どころではないだろう。
首都圏の住民でさえ、わかりにくい計画停電へのいらだちや、
放射能の恐怖、食料品や水の払底などの不安が日に日に増しており、
心情的には被災者と変わらない。

セの主張からは、どんなに覆い隠しても
『営業最優先』のにおいが感じられ、
国民感情を読み違えると勇気づけるどころか
ファンに見放されてしまう。
選手会側は延期により後々、過密日程になっても協力するとまで
いっている。
最悪試合数を減らしてでも地域生活が通常レベルに戻り、
ファンの支持が得られるまでは、延期は当然ではないか。

同じ野球でも甲子園のセンバツは異質で、なんとか予定通り
23日に開いて欲しい。
テレビも中継したら選手たちの直向きな姿が、
避難所暮らしの人々をどれほど勇気づけるか。
宮城の東北高校は全員の無事が確認され、
部員は給水のボランティア活動に励んでいるという。

『寮はやっと電気が通り、水は不足し食料は何日もつか。
 その中で、出来る限り勇気を与えられるように
 頑張っていきたい』
という東北・五十嵐監督のコメントは胸を打つ。

練習も満足に出来ないだろうが、
何とか甲子園の土を踏んで力一杯戦ってもらいたい。


        3月17日 サンケイスポーツ 『甘口辛口』より
                        今村忠氏
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この度の地震にて被災された多くの方々に、
心よりお見舞い申し上げます。

この地震で私たちの地域も被害が出ましたが、
少しずつ普段の生活に戻りつつあります。
昨日も娘の小学校卒業式が予定通り行われ、
厳粛に粛々と執り行なわれました。

この地域は地震が慣れてしまっているので、
第一波の地震では横揺れが続き、
揺れは大きかったのですが
小中学校は普通に帰宅させていました。

しかし第二波は、たてゆれの直下型震度6強で
これまでに体験したことがない
とても大きな地震でした。
その頃子ども達も下校が済んでいたので
一安心していた所でした。

勇汰も野球が出来なくなり、長い休みに
退屈がっていましたが、
一緒に歩いて買出しに行ったり、
ガソリンスタンドの開き状況を探しに
二人で自転車をこいで、近所を走り回ったり、
両親の家を片付けに一緒に手伝ったり・・・
中学生になってから、
あまり一緒に過ごす時間がなかったせいか、
この時ばかりに・・・と
一緒に行動することが多くなりました。
私と一緒に歩く事にも抵抗がないようで、
近所の友人パパやママにお会いしても
『仲がいいね、また一緒にランニングしてるの?』
と聞かれたりしています。
(小学校4~6年の時には、勇汰と一緒に
 ランニングしていたので)

一緒に歩きながら、今回の地震から学んだことを
二人で色々話し合い、
『これから野球を通して、人として
必要とされる選手になりたい』と
力強く話してくれた勇汰が、勇ましく思え
名前に付けた『勇』という字に相応しい
男に少しずつ成長しているんだな・・・と
誇らしくも思えました。

夢破れ他界された人々の中には・・・
『明日、やればいい・・・』と先延ばしにし
明日が訪れることもなく失ってしまうことになる命。
後悔しないよう、『今を大切に生きる』
その為には『目標を持つ』―。
強い気持ちで日々を大切に生きる。
目標に向かって努力する。
後悔しない一日を送ることが今、
被災された方々に示す態度と行動だと思っています。

募金もコンビニなどで毎回、入れています。
形として、態度として、
今できること、
そして将来、この地震をきっかけに
もっと人として強くたくましく人の為に尽くせる
人になっていることを強く心に誓い
これからも被災者を応援していきます!

『日々、生活出来る事に感謝しています』―。

毎朝毎晩、私が唱えている言葉です。

当たり前の日々の生活にみなさん、
感謝しましょう。


2011/03/19(Sat) 17:23 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
ご無事で何よりです。私が在住の関西は、揺れだけ大きかったですが、特別被害がなく、テレビで東北地方の状況に、皆さん、神妙になってます。阪神の震災を経験した人は特に当時の事を思い出しているみたいです。

ところで、原発はどうも修復不能との情報もあるので、安全が確定するまで、くれぐれもご注意ください。
2011/03/21(Mon) 23:55 | URL  | 一花 #-[ 編集]
これからが・・・
一花さん、コメントありがとうございました。
一花さんからのコメント、嬉しかったです。
無事でなによりでした。

福島の原発のあおりで、この地域も風評被害に見舞われています。
今後、農家の方々や漁に出る方々が心配です。
水は霞ヶ浦からの浄化水のお陰で、飲み水には不便ないです。

勇汰も先月下旬から、午前中のみ練習が開始され、
9日からの開催が危ぶまれていた県大会も無事、
行われることになりましたが、
県南を除く他の地区は、練習も間々ならず
本調子ではない状況になると思います。

できる限りの力をみんなに発揮してもらいたいものです。
野球ができるありがたさ身を感じ、
精一杯プレーして欲しいと思っています。
また結果が出次第、このコメント欄に載せていきます。


2011/04/05(Tue) 11:00 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
食事や、水の心配は、最終的は解決すると思いますが。あの原発と福井の原発は40年前の設備で最も古いので修復は難しいようです。完結まで時間もかかるようです。最近の原発は、もっと設備が充実しているので、想定外の最大級の震災が、もっとも弱い原発に遭遇し、今の程度で済んだのは、逆に凄い事だとの見方もあるようです。

そういう一番弱い設備、原発の万一の爆発が一番恐いので、外出エリアは、十二分に注意される事です。米軍の警戒エリアが一番安全だと思います。このコメントは公開しなくても結構ですよ。
2011/04/07(Thu) 20:29 | URL  | 一花 #-[ 編集]
一花さん、コメント公表してしまい、ごめんなさい。

余震が毎日あり、先日の誘発地震も大きかったです。
体が地震に慣れてしまうのが今、一番不安です。

T杯(招待試合)も無事大会も終わり、
次回は地区大会、H大会(招待試合)と・・・
総体前なので毎週慌しいです。

ゴールデンウィークも合宿で、
日に日にチームが結束されつつあります。
―が、T杯・・・残念ながら2回戦敗退し、
反省点もいくつか浮き彫りになりました。

勇汰は個人的には結果を残しましたが、
チームが打てず、コーチも試合後、
「みんなが日々、野球のことを30分でも1時間でも強く思い
 練習を個々にしていれば、勝てた。思いが足りない」と叱咤激励。
現に2回戦は1-0のロースコアー、
その相手チームは準優勝―。
負ける試合ではなかったのです、結果論ですが・・・。

とにかく総体に向け、個々に何らかの課題を見つけ、
学校・クラブの練習以外でも
メンバーには意識を持って上を目指して欲しいです。
(ちなみに、うちのエースは「野球小僧」に掲載されました)
2011/04/19(Tue) 11:24 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック