日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意識的に困難に立ち向かうイチロー
2010年12月31日 (金) | 編集 |
NHKのBS放送で、マリナーズのイチローが興味深いことを
言っていた。


『結果は困難を伴って出すべきものだ』―。  


多くの人々が、何かをやろうとしたとき
『自分のベストを尽くせば、結果はついてくる』と
考えるはずだ。

そう考える理由は、まず結果を意識しすぎないため。
結果の意識が強すぎると、
それが自分のパフォーマンスに悪影響を及ぼすことがある。
  
それを避けるためには無心で、できることに集中すべきだ、
という考えだ。


それとともに、こういうネガティブな考えもある。
結果が出なかったとき、
『自分はやることをやったのだから』
と納得する道具としての言葉だ。

その発想を、イチローは問題視するわけだ。
だから、結果とは意識的に困難に立ち向かい、
それを乗り越えてこそ得られるものだ、と語ったのだ。


実は、同じような考えをしているのが、来季からアスレチックで
プレーする松井秀喜だ。

『野球選手は結果でしか評価されない。
 打席で打てたか打てなかったか。
 それが全てです』―。

2010年のシーズンは、松井にとっては不満に満ちたシーズンだった。
開幕直後から不振に陥り、チームも優勝争いから
脱落していった。

『一瞬、このまま引退すると言い出すのではないかと
 思ったときもあった』―。
こう6月のどん底を振り返ったのは、
ヤンキース時代から苦楽を共にしてきた
広岡勲広報だった。

『彼はそういう意味ではシビア。
 ダメならダメと自分自身で言い訳を封じ込める部分がある』―。

常に常識的に自分を追い込み、瀬戸際で戦う。
そういう困難を乗り越えることによってでしか、
本当の結果は得られない―。
それがイチローと松井という二人のメジャーリーガーに共通する
心構えということだ。


アスレチックで迎える松井の2011年は、
『後がない』年となる。


『困難を乗り越えて』松井が結果を手にできるかどうか。

イチローの言葉が、妙に意味深く思えてきた。


       サンケイスポーツ 『球界インサイドリポート』より
                          鷲田康氏

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック