日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気と戦力以外に必要なことがある!楽天が渡辺直人と共に放出したもの
2010年12月22日 (水) | 編集 |
             田口元義 = 文 


12月1日の契約更改交渉後の会見で過去最低の出場試合に終わった
今季を振り返り、
北楽天の渡辺直人は忸怩たる思いをぶつけた。

「今年は本当に自分でも納得していません。
 来年は競争になるけど、
 試合に出たら最高のパフォーマンスを出せるように
 自分を高めていきたい」

メジャーから松井稼頭央と岩村明憲が移籍してきたことで、
内野のレギュラー争いが激しくなることは覚悟している。
だからこそ、
「今まで自分がやってきた自負もある」と己を鼓舞した。

加えて、副選手会長に任命されたことでより一層、
責任感も芽生えた。
渡辺直には、ひとかたならぬ決意が漲っていた。

 そんな矢先、である。

9日、金銭トレードにより渡辺直が横浜へ移籍することが決まった。
理由として、
「ショートは松井稼とポジションが重なる。
 横浜でレギュラーとしてキャリアアップしたほうがいい」
という説明が球団からあった。

「来年も楽天でやりたい気持ちがあるなかで、
 仙台を離れるのは寂しい。横浜でも頑張ろうと思います」

渡辺直は、そう気丈に現実を受け止めたが、記者からの
「楽天ファンへメッセージを」という質問を受けると言葉を詰まらせ、
涙ながらに感謝を述べた。

「仙台のファンは本当に熱くて、温かく……応援してくれました」

~降って湧いたトレード話にチームメイトも動揺~

急転直下の移籍劇は、チームに波紋を呼んだ。

翌日の契約更改交渉に臨んだ選手のほとんどが、
渡辺直に惜別の言葉を贈る以上に、悔し涙を見せた。

公私ともに仲が良く、渡辺直を「師匠」と慕う鉄平は、
自身の契約にはわき目もふらず、
事態の説明を球団に求めたほどだ。

「直人さんがあんなことになって……。
 技術だけではなく、
 人間的に未熟だった自分にいろいろなことを教えてくれた先輩でした」

同期入団で、来季から「二人三脚で頑張っていこう」と
渡辺直と誓い合ったばかりの新選手会長の嶋基宏も、
涙ながらに語った。

「悩んでいるときに声をかけてくれましたし、
 来季も副会長としてサポートしてくれると言われていたので……。
 直人さんがいなくなってしまって、僕も悔しくて」

さらに翌日には、チームの精神的支柱の山崎武司ですら、
「プロだからトレードは仕方がありませんけど、
 出すべき選手ではなかったと思う」と、
球団に疑問を投げかけた。

 これで十分に伝わるだろう。

 彼はチームメイトから信頼される選手だった。
 そして、ファンから愛される選手であった。

渡辺がどれほどファンから愛されていたか。
それを裏付けるエピソードがある。

~渡辺の厚い人情を知るファンは球場で熱い声援を送った~

1年目のことだった。
同期入団のゴールデンルーキー・田中将大に
ファンが群がりサインを求める。
しかし、一部のファンが営利目的のため
ネットオークションで売却していたことを知った球団が、
公式イベント以外でのサインはしないよう全選手に通達した。

だが、渡辺直だけはサインをし続けた。

関係者の話によれば、
球団が困惑しながらやめるように言うと、彼はこう返答したという。

「100人にサインをして、99人がネットオークションで売ったとしても、
ひとりだけ本当に喜んでくれるファンがいるかもしれない。
だからやめません」

ファンは、そんな渡辺直の人情を知っているからこそ、
ホームゲームではどの選手よりも大きな声援を贈るのだ。

~派手さには欠けるが「フォア・ザ・チーム」を貫いた~

プレーヤーとしても、渡辺直は自分の持ち味を貫いた。

派手さはない。
だが、右方向へ打球を飛ばすために何球もファウルで粘り、
死球を恐れることなく思い切り踏み込んでインコースの球を打ちに行く。

出塁すれば果敢に次の塁を狙った。
4年通算97盗塁がその証。

上位、下位どの打線を任されても力を発揮した。

守備では、'09、'10年と2年連続でショートの守備率1位。
堅実かつ必死に打球に食らいつく守りでチームのピンチを幾度となく救った。

 渡辺直は、「フォア・ザ・チーム」の塊のような男だった。

 そんな選手が楽天からいなくなる。

~人気と戦力以外で、球団を支えている要素とは何か?~

 結局、球団はチームを強くすることを優先した。

監督が星野仙一になり、松井稼、岩村を獲得したことで
人気、戦力は底上げされた。
そのことで、来季は優勝争いに加わるかもしれないし、
ホームの集客率も上がるだろう。

だからといって、楽天がより
「ファンから愛されるチーム」になったかというと疑問符が残る。

渡辺直のように、
ファンと真摯に向き合う生え抜き選手がひとり、
またひとりと増えていくことで信頼関係が生まれ、
愛されるチームになっていくのではないだろうか。

なにより仙台を拠点とする楽天は、「地域密着型のチーム」だ。
バレンタイン解任騒動で揺れた'09年の千葉ロッテのように、
ファンの意思が形になって表れやすい。

今回の渡辺直の放出を教訓に、
球団にはそのことを少しでも理解してもらいたい。

【筆者プロフィール 田口元義氏】

1977年福島県生まれ。
元高校球児(3年間補欠)。
ライフスタイル誌の編集を経て2003年にフリーとなる。
Numberほか雑誌を中心に活動。
試合やインタビューを通じてアスリートの魂(ソウル)を
感じられる瞬間がたまらない。
共著に「戦力外通告 プロ野球をクビになった男たち」、
同「諦めない男たち」などがある。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック